樹海

 2日付2面でも触れたエボラ出血熱に関し、2日付エスタード紙がリベリア在住の記者からの報告を掲載した▼従来のエボラ出血熱の流行は限られた範囲で起きており、村がほぼ壊滅した例も珍しくなかった事などもあり、この病気の怖さを知らない人は多い。現在は史上最悪の流行状態だというのに、感染病の基礎知識を持たない人やウイルスが自国内でも暗躍している事を認められない人がリベリアには大勢いるという▼病気の実態を知らない人々は〃呪い〃によるものだと考え、「人道主義団体から寄付をせしめるための政府の策略だ」と言う人すらいる。自分も感染して命を落とす可能性が強いのを誰よりも理解し、同僚を失ったりしながらも現場で奮闘する医師達に石を投げつけたり、病院に攻撃を仕掛けたりする例すらあるのだ▼折角治った患者の中には、自分の所属するコミュニティに戻れば何をされるかわからないため、地元に帰れない人もいるというから気の毒だ。「知らない」という事の怖さも改めて感じる。エボラ出血熱流行と聞いて駆けつけた医師やボランティアからも感染者が出ているのに、彼らが味わう焦りや恐怖心に思いを馳せる事が出来ない人や、患者の唾液や汗に触れても感染する可能性があると知らず、無防備で患者に触れて二次、三次感染する人も多い▼エボラ出血熱の怖さを知る医師達すら病魔に倒れる状況下では、知識もない人々への感染拡大は当然かも知れない。症状が出てからしか感染しないのだから、何とか防げるはずだと考えるのは素人ゆえか。最悪の事態も覚悟して戦う人々に感謝もせず投石との話は、毎日の生活の中でもありえそうな話だが。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは2020年2月11日 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは  二世、三世ら子孫、ブラジル人に「何が日本文化か?」と尋ねられて、ポルトガル語でキチンと説明できる人がどれだけいるだろうか。というか、日本語で説明することも難しいだろう。  いきおい、ポルトガル語をあまり使わないで日本語教育、日本舞踊、書道、お茶、お花、音楽などを熱心 […]
  • 22年大統領選のカギを握る男2020年2月7日 22年大統領選のカギを握る男  米国では今、大統領選の予備選が3日のアイオワ州を皮切りにはじまり、そろそろ本格的な盛り上がりを見せはじめている。とりわけ、野党・民主党にとっては誰がトランプ氏の対抗馬になるのかを決める意味で非常に重要な意味を持つ。  ブラジルでの大統領選は2022年。ボウソナロ政権 […]
  • 失敗を再発防止に活かせ2020年2月6日 失敗を再発防止に活かせ  1月29日、以前から予定されていた手術を受けるべく、入院した。だが、入院当日の朝の問診で、手術の5日前に止めるべき薬があったのに指示し忘れていたというミスが発覚。同日夜、手術は延期された▼日本にいた時勤めた会社では品質管理のためのサークル活動が盛んだった事もあり、翌日 […]
  • 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を2020年2月4日 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を  日伯修好125周年を記念して、「日伯200周年基金(Fundo de Bicentenario […]