ホーム | 日系社会ニュース | 生長の家=谷口雅宣総裁夫妻が来伯=特別講演に中南米から1万人=「大調和による世界平和を」=菜食テーマに国際教修会も
使命行進曲を歌う谷口夫妻
使命行進曲を歌う谷口夫妻

生長の家=谷口雅宣総裁夫妻が来伯=特別講演に中南米から1万人=「大調和による世界平和を」=菜食テーマに国際教修会も

 ブラジル生長の家伝道本部(村上真理枝理事長)はサンパウロ市のイビラプエラ体育館で3日、生長の家の谷口雅宣総裁と白鳩会の谷口純子総裁を招いて「新しい文明の構築を目指して」をテーマに「特別講演会」を行い、ブラジル白鳩会創立60周年も祝われた。当地における国際平和信仰運動の展開を目指し、谷口夫妻、宮裏準治ラ米教化総長の3人が、大調和による世界平和の実現を説いた。6回目の雅宣総裁の来伯という機会をとらえ、国内を中心に中南米諸国からも約1万538人が出席し、終日教えに身を浸した。

満杯となった会場

満杯となった会場


 谷口夫妻が入場すると、非日系人が大半を占める会場からは熱狂的な大歓声と拍手が起こった。ブラジル国歌、聖歌を斉唱後、村上理事長が「夫妻から直接お言葉を頂ける喜びは表しきれない」と開会の挨拶を行った。
 国際本部が作成したビデオ上映、ブラジル白鳩会のヴェラ・アパレシーダ・デ・ファリア・カルドーゾ副会長、村上えみ伝道員による体験発表に続き、宮裏準治ラ米教化総長が講演を行った。
 宮裏氏は、雅宣総裁の『日時計主義とは何か?―私の日時計主義実験録』(ポ語名=O Principio do Relogio de Sol)を元に、人生の明るい面に焦点を合わせれば現実が変わるという〃日時計主義〃の教えについて、「心には、似たものを引き寄せるという法則がある。否定的な思考はネガティブな現実を生み、明るい思考はポジティブな現実を生む」などと説いた。
 午後は、純子総裁が「幸福の鍵は自分の内にある。私たちの本質は肉体ではなく、永遠に死なない命。一瞬一瞬何を思い、どんな言葉を使うかが人生を決める」など、「身口意」(しん・く・い)の三業の教えについて講和を行った。純子総裁が一言話すごとに、会場からは大きな拍手が沸いた。
 雅宣総裁は「唯神実相」「唯心所現」「万教帰一」の三つの基本的教えを解説し、「生き物を殺し、環境を破壊し、人間だけが繁栄するという生き方は捨てるべき。神・人間・自然が調和した生き方を世界に広めてほしい」と訴えた。講演後、会場は総立ちで拍手を送った。
 宮裏ラ米教化総長による閉会の言葉の後、1万人全員が使命行進曲を大合唱した。谷口夫妻の退場を、会場は割れんばかりの拍手で見送った。
 10年間も同教団に務めるジューリョ・セーザルさん(54)は、「生長の家に入会し、あらゆる面で人生が変わった。今日のセミナーも素晴らしかった」と話した。
 なお、同講演会に先立ち、先月26、27日にはサンパウロ市アニェンビー会場で「食事と平和を考える」をテーマに「国際教修会」が開かれ、世界17カ国から2508人が集まった。環境保護運動や菜食の推進による世界平和の実現について、幹部・指導者の間で共通理解が図られた。

image_print

こちらの記事もどうぞ