ホーム | 日系社会ニュース | マツオカ日系軍警を勾留=射殺を銃撃戦偽装した容疑で

マツオカ日系軍警を勾留=射殺を銃撃戦偽装した容疑で

 先月31日にサンパウロ市東部で起きた落書き者2人の死亡事件に関し、ダニーロ・ケイティ・マツオカ(28)ら4人の軍警に対して、サンパウロ州軍事裁判所は30日間の勾留を命じた。
 事件が起きたのは、モッカ区パンエス・デ・バロス大通りの住居ビル内。落書きのためにビルに侵入したアレックス・ダラ・ヴェッシア・コスタ(32)とアイルトン・ドス・サントス(33)の二人の青年を、不審者として管理人が通報。駆けつけた軍警らによって胸などを撃たれて死亡した。
 4人の軍警は「強盗を働こうとしていた二人を阻止しようとして銃撃戦が起こった」と証言しているが、供述内容は一致せず、警察が入手した防犯カメラの映像には、二人の青年が武器を持っていた形跡はなかった。
 軍警監察局の要請により、4人は7日まで身柄を拘束されていたが、銃撃戦を偽装した容疑でサンパウロ市北部のロマン・ゴメス刑務所に移送された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • ■尋ね人■田中実記さん2019年7月17日 ■尋ね人■田中実記さん  三重県松阪市在住の大西教生(のりお、旧姓田中)さんが、弟の田中実記(まさふみ)さんに関する情報提供を呼びかけている。  実記さんは1960年頃に、「ブラジル丸」か「アフリカ丸」で渡伯。移住直後は農場に勤め、水産関連の卸業にも携わり、92年頃にデカセギでいったん日本に帰ったが […]
  • 眞子さまのお言葉=在トメアス日系社会歓迎行事にて=7月27日 トメアス文化農業振興協会2018年8月2日 眞子さまのお言葉=在トメアス日系社会歓迎行事にて=7月27日 トメアス文化農業振興協会  ご列席の皆様、1908年の6月に、最初の移民船「笠戸丸」がサンパウロ州のサントスに入港してから110年が経ち、「ブラジル日本人移住110周年」という記念すべき年に、ブラジル政府のお招きによりブラジルを訪れ、皆様にお会いできましたことを、大変嬉しく思います。ブラジルは私にとって […]
  • 本日から掲載開始=回想―渡満、終戦、そして引き揚げ2017年11月8日 本日から掲載開始=回想―渡満、終戦、そして引き揚げ  浜田米伊さん(よねい、87、高知県出身)=サンパウロ市リオ・ピケーノ在住=が書いた自分史『渡満、終戦、そして引き揚げ』を本日から掲載する。  浜田さんは1929(昭和4)年12月18日生まれ。1940(昭和15)年11月22日、11歳のとき満州開拓団として家族で満州へ渡った […]