樹海

 犯罪教唆、暴力な犯罪集団の組織、不服従。この三つの罪が晴れていない原野秀樹さんの裁判はこれからも続くが、あったことを証明するより、「無かったことを証明する」方が難しいことは想像できる。記者会見で彼は「これからが戦い」と表情を引き締めていたが、釈放はゴールではなく、むしろスタートだ▼彼が参加した6月23日夜のマニフェスタソンは平和的に終わった。犯罪行為はなかったはずなのに、一体なぜこれらの罪で訴えられたのか。新聞で警察側の主張を読んでもおかしいし、〃一般人〃にはよくわからない▼デモに参加した後、駅の改札を抜けようとしていたときに爆発物の音が聞こえ、上に上がったらいきなり腕をつかまれた。何もしていなくても、突然そんなことをされたら誰でも抵抗する。良からぬことが起きると咄嗟に判断し、証拠を残そうと「(自分の)映像を撮って!」と周りの人に言うのも正当防衛だ▼警察に連行され、押収された鞄から見たこともない飲料の容器を「これを発見した」と見せられ、それを爆発物所持の証拠にされ40日以上も拘留された。考えただけで恐ろしい。ある日突然、市民の日常を破壊する―それを〃正義〃とする政治や権力とは何なのか▼記者会見の会場に行くとすぐにコラム子を認識し、笑顔で挨拶してくれた。話をしながら「なぜこんな攻撃性のない、人のよさそうな活動家をターゲットにしたのか」と首を傾げたくなった。原野さんの弁護士は「再び政治犯を弁護している気持ちでいる」とインタビューで話していた。「独裁政権の再来」というアドリアノ・ジオゴ州議の話も、あながち嘘ではないのかも。(詩)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 22年大統領選のカギを握る男2020年2月7日 22年大統領選のカギを握る男  米国では今、大統領選の予備選が3日のアイオワ州を皮切りにはじまり、そろそろ本格的な盛り上がりを見せはじめている。とりわけ、野党・民主党にとっては誰がトランプ氏の対抗馬になるのかを決める意味で非常に重要な意味を持つ。  ブラジルでの大統領選は2022年。ボウソナロ政権 […]
  • 失敗を再発防止に活かせ2020年2月6日 失敗を再発防止に活かせ  1月29日、以前から予定されていた手術を受けるべく、入院した。だが、入院当日の朝の問診で、手術の5日前に止めるべき薬があったのに指示し忘れていたというミスが発覚。同日夜、手術は延期された▼日本にいた時勤めた会社では品質管理のためのサークル活動が盛んだった事もあり、翌日 […]
  • 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を2020年2月4日 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を  日伯修好125周年を記念して、「日伯200周年基金(Fundo de Bicentenario […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]