樹海

 犯罪教唆、暴力な犯罪集団の組織、不服従。この三つの罪が晴れていない原野秀樹さんの裁判はこれからも続くが、あったことを証明するより、「無かったことを証明する」方が難しいことは想像できる。記者会見で彼は「これからが戦い」と表情を引き締めていたが、釈放はゴールではなく、むしろスタートだ▼彼が参加した6月23日夜のマニフェスタソンは平和的に終わった。犯罪行為はなかったはずなのに、一体なぜこれらの罪で訴えられたのか。新聞で警察側の主張を読んでもおかしいし、〃一般人〃にはよくわからない▼デモに参加した後、駅の改札を抜けようとしていたときに爆発物の音が聞こえ、上に上がったらいきなり腕をつかまれた。何もしていなくても、突然そんなことをされたら誰でも抵抗する。良からぬことが起きると咄嗟に判断し、証拠を残そうと「(自分の)映像を撮って!」と周りの人に言うのも正当防衛だ▼警察に連行され、押収された鞄から見たこともない飲料の容器を「これを発見した」と見せられ、それを爆発物所持の証拠にされ40日以上も拘留された。考えただけで恐ろしい。ある日突然、市民の日常を破壊する―それを〃正義〃とする政治や権力とは何なのか▼記者会見の会場に行くとすぐにコラム子を認識し、笑顔で挨拶してくれた。話をしながら「なぜこんな攻撃性のない、人のよさそうな活動家をターゲットにしたのか」と首を傾げたくなった。原野さんの弁護士は「再び政治犯を弁護している気持ちでいる」とインタビューで話していた。「独裁政権の再来」というアドリアノ・ジオゴ州議の話も、あながち嘘ではないのかも。(詩)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?2020年8月4日 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?  ブラジル中央銀行は突然、7月29日に「200レアル札」を8月から発行すると発表して、国民を驚かせた。1994年7月1日、レアル・プランが始まって以来、実に26年ぶりに最高額紙幣が更新されることになった。今年中に4億5千万枚も造幣すると発表されている。価値にして900億 […]
  • ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選2020年7月31日 ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選  先週、大手週刊誌「ヴェージャ」が、「今、大統領選が行われたらボウソナロ氏が当選する」という調査結果を発表して多少話題となった。それに対し、「コロナ対策であれだけ失政をしておきながら、なぜ」と憤る人も少なくなかった。だが、「”今の状況”ならそうだろう」とコラム子は思った […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]
  • 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変2020年7月24日 《記者コラム》樹海=市長選を前に左派勢力図に異変  今年の全国市長選は新型コロナウイルスの影響で、通常より1カ月遅い11月に行われるが、今の時点で早くも「異変」が現れている。しかも、それは「左派」に顕著に出ている。「左派の雄」のはずの労働者党(PT)がピリッと来ないのだ。  しかもそれは2016年のように「ラヴァ・ジャット作 […]