ホーム | イベント情報 | 土佐祭り、今週末に開催=高知から経済視察団も来伯
会場で販売される県産品
会場で販売される県産品

土佐祭り、今週末に開催=高知から経済視察団も来伯

 高知県人会(片山アルナルド会長)主催の『第3回土佐祭り』が23、24日の両日午前9時から、サンパウロ市アグア・ブランカ公園(Av. Francisco Matarazzo, 455, Barra Funda)で開催される。入場無料。
 開会式は初日午後2時から。開催時間は初日が午後9時、二日目が午後7時まで。
 日伯料理はじめカツオのたたきや土佐うどん、鯛の蒸しなど郷土食、沖縄料理販売が行われる。「日本食の良し悪しをみわける力を養ってほしい」と、天ぷら、寿司講座も開催。各日20人で参加無料、申し込みはサイト(www.tosamatsuri.com.br)から。
 ガイジン戦隊や今村つばささん、天竜太鼓、桜吹雪太鼓など9太鼓団体も出演予定。コスプレ大会、ゲームコーナーもある。
 また、母県から企業家と県の職員計5人が「ブラジル販路開拓経済ミッション」のため21日に来伯し、同祭で県産品をテスト販売する。一行は26日まで滞在し、輸入会社大和やゼンダイ、スーパーマーケットや東山農場などを視察予定。
 祭りを取り仕切る武田アウグスト青年部長は、「今年は最低3万人の来場を見込む。若者をひきつけるため、色々新しい催しが増えました」とアピールした。
 問い合わせは同部長(11・97178・0085、98749・1758)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ