ホーム | Free | 日系社会の将来憂う人集まれ!=ざっくばらんな清談会、3日

日系社会の将来憂う人集まれ!=ざっくばらんな清談会、3日

 清談会は当初、邦字新聞への常連投稿者などが集まる討論会として発足した。現在は多種多様な人が集まり、日系社会の将来や日本文化について、ざっくばらんに座談する会となっている。
 主催者の1人、田辺豊太郎さんは「110周年を迎えたコロニアの今後について大いに語りましょう」と多くの方の参加を呼びかけている。
 清談会は今月から第1土曜日、午後1時より熟連クラブ会館2階会議室(Rua Dr. Siqueira Campos, 134)で開催される。11月3日のテーマは「ボルソナロ新政権の内政と外交(特に日米、日系社会)に望むもの」。会費として当日の部屋使用料の分担。
 問合せは田辺豊太郎さん(5078・9653)、五十嵐司さん(3726・3709)、熟練事務局(3209・5935)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 名画友の会=9月の鑑賞会が日程変更で21日に2019年9月18日 名画友の会=9月の鑑賞会が日程変更で21日に  サンパウロ名画友の会(五十嵐司代表)は、9月映画鑑賞会を14、28の両日に開催としていたが、後半の開催を21日(土)に変更した。  場所はサンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日系熟年クラブ連合会会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]
  • 名画友の会寄稿=大聖堂炎上にちなみ「ノートルダムのせむし男」上映2019年4月24日 名画友の会寄稿=大聖堂炎上にちなみ「ノートルダムのせむし男」上映  高く明るいゴチック建築様式である石造りのノートルダム大聖堂は、何故燃えたのか?屋根及びそれを支える骨組みは、木材で組み立てられているからである。石材は重く神に近づきたいのか、天上へ少しでも近づこうとする様に、尖塔を上へ上へ伸ばしている。  フランス・パリのノートルダム大聖堂 […]
  • 清談会4月例会は中止2020年3月24日 清談会4月例会は中止  ざっくばらんに日本やコロニアのことを話し合う「清談会」の4月度例会は、コロナ・ウイルス感染を避けるため中止にする事を決まった、と連絡が入った。  これは毎月第1土曜日、午前9時から正午まで、サンパウロ市の熟連クラブ会館会議室(R. Dr. Siqueira Campos, […]
  • 名画友の会=3月の映画鑑賞会14、28日に2020年3月4日 名画友の会=3月の映画鑑賞会14、28日に  サンパウロ名画友の会(五十嵐司会長)は3月の映画鑑賞会を14、28両日(土)午後12時15分から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日系熟年クラブ連合会会館(R. Dr. Siqueira Campos, […]
  • 清談会3月例会は7日に=NHKや日本語劣化など議論2020年2月28日 清談会3月例会は7日に=NHKや日本語劣化など議論  清談会(担当=榎原良一)の3月例会が、3月7日(土)午前9時から正午までサンパウロ市の熟年クラブ連合会会館(R. Dr. Siqueira Campos, 134, […]