ホーム | 日系社会ニュース | サ・クルス病院=創立75周年の節目祝う=歴史・貢献に数々の賛辞
記念プラッカを受け取り、笑顔を見せる石川理事長(中央)
記念プラッカを受け取り、笑顔を見せる石川理事長(中央)

サ・クルス病院=創立75周年の節目祝う=歴史・貢献に数々の賛辞

 日系社会に広く貢献してきたサンタクルス病院(石川レナト理事長)が14日夜、サンパウロ州議会で「創立75周年記念式典」を行なった。出席者らは初期移民の命を救った医療機関の貢献に賞賛を贈ると共に、記念すべき節目を祝った。
 羽藤ジョージサンパウロ州議は、「これまでの歴史は非常に深いもの。私も参加した89年前後の奪還運動への思い入れは強い」と振り返った。
 在聖総領事館の佐野浩明首席領事は、「偉大な歴史を積み上げてきた。8月2日の安倍首相来聖で、随行車両が玉突き事故に遭ったが、早急な処置をして頂き感謝。今後も日伯交流の象徴的施設としてあり続けて」と願った。
 野村アウレリオサンパウロ市議は、「戦後の混乱期など苦しい時代を乗り越えてきた。これからも共に歩んでいきましょう」と力強く協力を誓った。続いて功労者にサンパウロ州から記念プラッカが手渡された。
 石川理事長は関係者らの祝福に笑顔を見せ、「医療機関として、どこにも負けたくない。設備、機材だけでなく、患者に喜ばれるサービスを求めたい。近い将来、日本政府との連携も始まる。日系病院としての責任は大きい」と決意を新たにした。
 20年間勤務する診療医療管理者の藤村ゆりさん(75、二世)も、「日系移民の病苦を救ったという貢献は、何年たっても廃れない。医療技術の発達に遅れをとらず、さらに進化できれば。80年、90年、その先の百年までガッチリ手を組み合っていきたい」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 志高く6カ国18人集い=汎米日本語教師研修会2016年1月15日 志高く6カ国18人集い=汎米日本語教師研修会  ブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)が主催する「汎米日本語教師合同研修会」が18日から開始された。今年はブラジル、亜国、ペルー、ボリビア、パラグアイ、チリの6カ国から18人の教師が集まり、2週間の濃密な研修を行っている。初日には来賓が集まる中、開校式が催された。 板垣理事 […]
  • 航海中の海上自衛隊練習艦隊。手前から「かしま」「しまゆき」「やまぎり」(広報資料より)2015年6月27日 外交120周年=海自練習艦隊7月末に寄港=レシフェ、リオ、サントスへ=7年ぶり11回目の来伯が実現=サンパウロ市歓迎会は8月5日昼に  日伯外交関係樹立120周年の本年、寄港が正式に発表された。23日に在聖総領事館から概要が明かされ、当地には7月末からの11日間にレシフェ、リオ、サントスへ寄港することが分かった。艦隊来伯は移民百周年の2008年以来、7年ぶり11回目となる。  昨年から調整し […]
  • ジェトロ聖所長交代=南米勤務13年目の大久保氏2015年10月16日 ジェトロ聖所長交代=南米勤務13年目の大久保氏  日本経済産業省が所管する独立行政法人・日本貿易振興機構(ジェトロ)サンパウロ事務局の所長が5日より、前任の石田靖博氏(56、東京)から、大久保敦氏(50、群馬)に交代した。 石田氏は2年半の勤務を「中国経済の減速と共に、ブラジル経済も影響を受ける激変の時期にあった」と振りかえ […]
  • 将棋全伯女子選手権・女流王座表彰式の様子2015年4月23日 将棋全伯女子選手権=リコー杯の伯代表も選抜  ブラジル将棋連盟は、2月14日、将棋連盟内会場で2015年将棋全伯女子選手権・女流王座戦を開催した。山田同連盟会長及びジェイムス・マン・デ・トレド同連盟第一副会長が審判を務めた。同選手権はスイス式5局で行われ、上位3人が第5期リコー杯女流王座戦海外招待選手選抜大会の伯代表 […]
  • 天谷茶とおばあ茶んの販売ブースで。右端はレジストロ市のマウ・モウラ観光局長、その隣が今里さん2015年5月5日 観光業見本市、サンパウロ市で開催=レジストロ産の茶も紹介  サンパウロ市エキスポ・センター・ノルテで4月22日から3日間、観光業界における最大規模の見本市「南米ワールド・トラベル・マーケット(WTM)」が開催され、お茶アドバイザーの今里ディズニーさんらがレジストロ日系農家のお茶を出展した。 WTMはロンドンで30年以上続く世界最大 […]