ホーム | イベント情報 | 文協RURAL13日に=7人の農業家招き講演会

文協RURAL13日に=7人の農業家招き講演会

桂川委員長と福原副委員長

桂川委員長と福原副委員長

 文協農業関連交流委員会(桂川富夫委員長)が9月13日午前9時から(受付は8時~)、文協小講堂(Rua Sao Joaquuim, 381)で『文協農業関連交流会』(文協RURAL)を開く。参加費は30レアル(食費込み)。
 農業関係者の交流を促進し、農業の発展を図ることが目的。2009年からポンペイア、アラサツーバなどサンパウロ州各地で2~3日かけて開催されてきた。今回は、サッカーW杯や9月にある選挙の影響で1日のみの開催となった。
 ボツカツ農家大学の中川ジュリオ教授や有機農業家の吉住マサミさん、イトウ養鶏場代表のサトシ・イトウさんなど、全伯各地で成功を収めた農業家ら7人を招き、「養鶏技術」「農業ツーリズムの可能性」「有機農業と従来の農業」などをテーマとした講演会を柱に実施する。
 桂川委員長と福原カルロス副委員長が文協で記者会見を開き、「イベントの認知も進み、年々関心が高まっている」と参加を呼びかけた。
 申し込み、プログラム等詳細はサイト(www.bunkyorural.com.br)または文協(11・3208・1755)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催をめぐり泥沼に=チッチ監督が解任寸前?!=大統領がセレソン人事介入=CBF会長がセクハラ疑惑停職2021年6月8日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催をめぐり泥沼に=チッチ監督が解任寸前?!=大統領がセレソン人事介入=CBF会長がセクハラ疑惑停職  ブラジルでのサッカーのコパ・アメリカ開催をめぐり、ボイコットを求めるブラジル代表(セレソン)に対し、ボルソナロ大統領がセレソン人事への介入を試み、ブラジル・サッカー連盟のロジェリオ・カボクロ会長がチッチ監督の解任を試みたが、その報道が行われた直後、職員へのセクハラ疑惑 […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言2021年6月4日 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言  ボルソナロ大統領は2日午後8時30分に、テレビとラジオを通じて演説放送を行った。国民からの強い反発が沸き起こる中、大統領は全国民へのコロナワクチンの接種を約束したが、同時にコロナ対策での社会的隔離をこれまで通りに批判した。また、2021年の国内総生産(GDP)があがる […]
  • 東西南北2021年6月3日 東西南北  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は1日昼、同州ではコパ・アメリカでのスタジアム使用を認めないと発表した。同知事はブラジルで同杯開催と発表された5月31日には、「他の選手権同様に」として開催容認の発言を行っていた。だが、側近たちがすぐに考えを改めるように促した、との報道が行わ […]