ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 青森県人会の創立60周年記念式典には、母県から28人もの慶祝団が訪れた。式典後も「記念交流会」が開かれ、研修成果や今後の県との交流について意見が交わされる予定だったが、3人程度が研修の感想等を述べたにとどまり、出席した役員によれば「何の成果もなかった」とか。母県側にしても単なるブラジル観光で終わらせない意気込み、県人会側にしても研修制度の継続以外の希望を事前に話し合っておけば、この機会に何かが具体化したかも。研修制度への財政支援に困らないほど民間人の理解がありながら、少しもったいない気も。
     ◎
 岩手県人会(千田曠暁会長)の会報誌186号が刊行。5月のわんこそば祭りや、6月のW杯、移民の日法要、県連日本祭りに安倍首相来伯など、盛りだくさんの内容だ。また千田会長が電話で生出演した、NHKラジオ盛岡の夕方番組の様子も。本紙酒コラムでお馴染み、地酒「南部美人」の久慈浩介さんも出演した当日の様子は、同局バックナンバー(nhk.or.jp/morioka/maje/backnumber/1406.html)の6月11日でも見ることができる。
     ◎
 8歳で誘拐、殺害された大田慶子連邦下議の息子イヴェス君を追悼するパレードが、今年も30日にサンパウロ市の主要通りで催される。ヴィラ・カロン区の大田イヴェス広場を午前10時に出発し、サンパウロ市南部に向かってバスなどで行進。午後3時に教会「Mae e Pai」(Av. Interlagos, 3823, Jardim Umuarama)で追悼ミサがある。刑法厳格化などを訴える同団体の活動の一環だ。希望者はバスに同乗できるので、応援したいという方は大田イヴェス・インスチツート(11・2225・3145)まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 大耳小耳2013年3月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年3月13日 […]
  • コラム 樹海2013年12月13日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年12月13日  W杯抽選会が終わり、日伯共に良い組に入ったようだ。日本のC組は最もW杯経験数が少ないグループだ。日本、コロンビアが出場回数最高で5回ずつ、共に16強入りに限りなく近い。しかし会場は全て首都以北で、選手の体調を暑さに慣らす意味では、涼しいサ […]
  • 110周年式典=総勢2千人の豪華芸能ショー=龍、大蛇、獅子が共演?!=今年一番、見逃せない大舞台2018年5月11日 110周年式典=総勢2千人の豪華芸能ショー=龍、大蛇、獅子が共演?!=今年一番、見逃せない大舞台  7月21日午前11時から県連日本祭り会場で開催される「ブラジル日本移民110周年記念式典」。その前後に、総勢2千人の出演者による特別な豪華芸能ショーが予定されている。テーマは「結―次世代に繋ぐ未来への懸け橋」。30以上の芸能団体が流派や年代を超えて結束し、演目を繋いで […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]