ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 30歳のころ旅行で初来伯した中島紀于社長は、「広大で肥沃な大地を持つブラジルでいつか仕事がしたい」との大望を抱いた。その夢を実現するために岐阜で工務店を育て上げ、今では名だたる会社となり、「忙し過ぎてブラジルまで中々来られない」と笑う。80周年の時、日本館運営委員の田村ワルテル元委員長から誘われ改修に携わり、夢の一端は実現した。伊藤誠施副委員長はその手腕を「組み込み式の製材部品は、糸も通らないほどすきまがない見事な出来」と評し、絶大の信頼を寄せた。外交樹立120周年の来年には、手入れの行き届いた日本館が見られそうだ。
     ◎
 ブラジル岐阜県人会(山田彦次会長)が2012年から取り組んでいた「県人会年表」が、今月中に脱稿予定だと同県人会便り7月号にある。当初、昨年中の完成を予定していたが、資料損傷や会館移転時の新旧資料の混交が原因で、予定が大きく遅れてしまった。しかし、今回の取り組みで、今まで知られていなかった姉妹都市交流の活動内容もわかったという。年表作成はあらゆる移民史調査の原点であり、日系社会の研究者には朗報といえそうだ。
     ◎
 ネット上に「外務省海外安全ホームページ」の海賊版が開設されており、外務省は「酷似しているが一切関係ない」と注意を呼びかけている。正規サイトが「anzen .mofa.go.jp/」なのに対し、模倣サイトは「anzen.mofa.go.jp.◎◎◎.org/」と◎◎◎部分に余分な文字が混入している。ウィルス感染やメールアドレス不正入手等の被害につながることもあるので、閲覧する方は正規のサイトをお気に入り登録するなどして対策を。「安全情報」のサイトまで海賊版が作られるとは、まさに日本を一歩出た時に直面する現実そのもの?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■田村昭一さん2019年1月8日 ■訃報■田村昭一さん  イタチーバ日伯文化協会で会長職を歴任してきた田村昭一さんが、先月26日午前、アチバイア市内病院で老衰により亡くなった。享年90。  1928年3月15日、高知県土佐市生まれ。34年に家族とともに渡伯した。サンパウロ市近郊のモーロ・グランデに入植し、じゃがいも栽培を学 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • 三重県人会、三つの節目祝う=創立75周年、移住105周年など=母県から海外功労者、感謝状も2018年10月30日 三重県人会、三つの節目祝う=創立75周年、移住105周年など=母県から海外功労者、感謝状も  三重県人会(下川孝会長)が27日、県人移住105周年、県人文化援護協会創立75周年、三重県・サンパウロ州姉妹都市提携45周年の節目を迎え、記念式典を開催した。式典には約170人の県人会関係者らが集まり、3つの節目を祝った。また母県から海外功労者賞に3人が選ばれ、海外在 […]
  • レジストロ=中津川姉妹都市38周年=友好の絆深め再会誓う=杉本会長「20年は岐阜へ」2018年10月27日 レジストロ=中津川姉妹都市38周年=友好の絆深め再会誓う=杉本会長「20年は岐阜へ」  レジストロ中津川姉妹都市協会(高橋邦彦会長)が主催する姉妹都市提携38周年、レジストロ日本人入植105周年、日本移民110周年を祝う式典が20日晩、レジストロ文協会館で行われ、約130人が盛大にお祝いした。首都からはサムエル・モレイラ連邦下議、岐阜県中津川市から青山節 […]
  • ■今週末の催し2018年10月25日 ■今週末の催し  27日(土曜日)  名画友の会映画鑑賞会、昼12時半、熟連(Rua Dr. Siqueira Campos, 134, Liberdade)      ◎  郡星第4号合評会、午後2時、ブラジル沖縄県人会2階会議室(Rua Tomas de Lima, 72, […]