樹海

 「マー・カー・コー」―。8月28日、ブラジル杯のサントス対グレミオ戦で、サントスのキーパーに人種差別の野次が飛んだ。22歳の女性サポーターが声高に叫ぶ姿はテレビでも放映されたが、人口の半分以上が黒人か黒人系の混血(パルド)という国でさえこのような行為が起きるのはなぜだろう▼サルと呼ばれた時はこらえていたアラーニャ選手は、鳴きまねまでする観客が出た時点で怒りをあらわにした。後日行われたインタビューでは、野次を飛ばした人達を「人間として気の毒に思う」と語った▼今年は国内外でのサッカーの試合で人種差別的発言や行為が繰り返されており、野次を飛ばしたサポーターも差別行為に対する世間の反応がどのようなものであるか知っていたはずだ。だが、頭で理解している事と実際の行動は必ずしもかみ合わない。怖いのは、心の底に優越感などがある事に気づいていない人が多い事だ▼昔、「私あの子みたいにきれいじゃないの」と卑下する少女に、「一皮剥いたら皆、骨や筋肉の塊さ。大切なのは中身だ」と教えた人がいたという話を読んだ事がある。肌の色や外観はその人のごく一部に過ぎないし、親が裕福だから贅沢三昧出来るが、本人は何のとりえもないただの凡人という例もある▼相手の人格や能力、価値を正しく認識出来ない人は、職場などでもトラブルを起こす事はあっても調和を作り出す事は難しい。人種差別的行為の背景にはその人の内面の貧しさや視野の狭さがあると考えると、アラーニャ選手の「気の毒」発言ももっともだ。全国に知られて解雇された上、実刑判決の可能性すらある。心無い行為の代価は相当高い。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]