樹海

 南大河州の裁判所で13日、同性愛者1組を含む29組の合同結婚式が行われた。13日付2面にある放火事件後に会場が急に変更されたものだ▼コラム子の日記帳には友人や知人の結婚記念日や召天日、誕生日などが書き込んである。3日に54回目の結婚記念日を迎えた夫妻には子供が3人、孫も3人▼その一方、身近な所には交際開始から1年弱で子供が生まれる青年カップルも。我が家の息子は、その二人を見て「その内に喧嘩ばかりするようになるぞ」と呟いたが、夫婦喧嘩にはお互いを理解するのに役立つ喧嘩と、別離に至る喧嘩がある。まるで違う家族や環境の中で暮らしてきた二人が、同じ屋根の下で暮らせば、物の見方や考え方が違って喧嘩となるのはある意味で当たり前だ▼「結婚は二つの岩が互いの角を削り取りながら互いに接する面を広げていくようなものだ」と書いた本を読んだ事がある。互いに角がある岩を密着させようとしても、角と角がぶつかるだけで密着できる面はないが、ぶつかったりこすれたりするうちに角が取れ、密着できる面が徐々に広がる▼この面が広がれば、腕の良い大工が鉋をかけた板が水一滴で密着してしまうように、簡単にははがれない一枚板となるが、密着面を作る作業を嫌えば離婚もありだ。お互いに違うからこそ多様性が生じ、異なった見方も生まれる。自分の考えが唯一、絶対だと思えば争いが生じ、相手の意見を尊重すれば調和や新しい展開が生まれる▼50年以上寄り添った妻を96年9月8日に亡くした男性は、翌年の七夕に死亡。親族達は(あの年は)晴れていたからその日の内に奥さんに会えた筈だと語り合った事だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「全伯幼少年剣道大会」開催へ=14チーム142人が参加2003年1月22日 「全伯幼少年剣道大会」開催へ=14チーム142人が参加 1月22日(水)  ブラジル剣道連盟は二月二日午前八時から、サンパウロ市ヴァレリオ・カルヴァーリョ街六三番、クルーベ・ピラチニンガで第二十一回全伯幼少年剣道大会を開く。 […]
  • 3日、議会に押しかけたロボン(Laycer Tomaz/Câmara dos Deputados)2014年12月5日 反ジウマの場所にロボンあり=言いたい放題の名物ロック歌手  大接戦に終わった大統領選挙が終わって1カ月あまりのブラジルでは、依然として野党陣営がジウマ政権に激しく楯突く姿がしばし見られる。12月も2、3日に、ジウマ政権側が提案した、基礎的収支の算出法の改定法案に対し、「年間目標が達成できないのはごまかせないぞ」とばかりに野党や抗議 […]
  • ◇コラム オーリャ!2006年11月22日 ◇コラム オーリャ! コラム   「日本国外で一年中これだけの日本文化行事がある国はない。これこそ移民が百年かけて築いてきたもの。これらがすでに百周年事業でしょう」、知人がそんなことを話していた。 […]
  • 代用食材で和食普及を2015年8月7日 代用食材で和食普及を  先月の日本祭りでは日本農水省の和食セミナーが毎回満席の好評だった。個人的にはぜひ、さらに踏み込んだ普及を図ってほしい。 日本には代用品で和食を世界に広める人物がいる。京都の老舗料亭「菊乃井」の村田吉弘主人だ。鰹節や昆布のない欧米で鶏ミンチ、乾燥トマトやキノコで和風だしを再 […]
  • 大耳小耳2018年11月1日 大耳小耳  在聖総領事館の安全情報メールによれば、26日(金)正午ごろ、邦人が乗車する車輌が強盗被害に遭う事件が発生した。場所は、リベルダーデ区の下町グリセーリョ街498番の交差点付近。ラジアル・レステ街道の下の交差点で、信号待ち停車していたところ、強盗一人が路肩から現れ、鈍器のような物 […]