樹海

 真相究明委員会のアドリアーノ・ジオゴサンパウロ州委員長に謝罪申し立て文書を渡す前、23歳の山内フェルナンダさんは「どうして山内家だけで―と父はコロニア内の評判をすごく心配しています。でも同じ扱いを受けた沢山の日本移民を代弁して、誰かが申し立てをしないと歴史の闇に埋もれてしまうと思った」と不安な胸中を吐露した▼戦争を挟んだ時期の日本移民迫害は、勝ち負け抗争が障害になって積極的に論じられてこなかった。だがブラジル近代史にとって、同抗争とはまったく別次元の、はるかに重要な問題を孕んでいる▼軍事政権時代に「ブラジルに人種差別はない」という言説が繰り返され、国民は無批判に信じてきた部分がある。でも最近はサッカーの応援しかり、当地だけが「世界の例外」ではないことは明らかだ▼移住初期からあった日本人迫害という〃ガス〃がコロニア集団心理内に溜まって、戦争中にその圧力は最高潮に達し、終戦という発火点を迎えて大爆発を起こしたのが勝ち負け抗争だろう。臣道聯盟うんぬん、誰が暗殺したという〃現象面〃をいくら調べても「なぜ起きたのか」という本当の因果関係は分からない▼戦前からどんな性質のガスがどう発生し、どれぐらい溜まっていたのかを見ないと、東西の文明を越えた集団移住がもたらした歴史的意味を理解できないと思う▼ジオゴ氏は「戦中にヴァルガス政権は米国の経済支援と引き換えに、枢軸国移民迫害を本格化させた。日米関係という世界レベルの視点から見ないと、日本移民迫害の問題は語れない」と強調する。それを証明する外交文書が出てくれば、来年の終戦70周年に向けて日本でも関心を呼ぶだろう。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載2017年11月22日 ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載  《私の一番の苦しい想い出は、姉があの事件のショックで恐怖症を患い、生涯、精神障害で苦しんだことです》――沖縄県人移民塾同人誌『群星(むりぶし)』第3号145頁には、そんな生々しい言葉がおどる。  「あの事件」とは、1943年7月8日、ブラジル政府の命令により24時間 […]
  • 東西南北2017年11月17日 東西南北  テメル大統領は共和制記念日の15日に行ったスピーチで、「ブラジル人は国に不安な心配事があると、権威主義に頼ろうとする傾向がある」と語った。テメル氏はこの日、1873年に共和制導入に向けての初の会議が行われた場所であるサンパウロ州イトゥで、全国民向けのメッセージを発し、その中で […]
  • 真相究明委員会=「ブラジル国民として許し請いたい」=戦中、戦後の迫害を謝罪=日本移民への人種差別認め2013年10月15日 真相究明委員会=「ブラジル国民として許し請いたい」=戦中、戦後の迫害を謝罪=日本移民への人種差別認め ニッケイ新聞 2013年10月15日  独裁軍事政権時代の人権侵害を調べ直す国の真相究明委員会(CNV)、サンパウロ州小委員会(アドリアーノ・ジオゴ委員長=PT、州議)の会合が10日午後、サンパウロ州議会内で開かれ、CNVメンバーのローザ・カルドーゾ弁護士は、45年までのヴァ […]
  • 2003年1月1日 大統領の黒子 具志堅ルイス氏〔大統領府広報局長官〕=父が語る知られざる生い立ち 2003年1月1日(水)  「特に変ったところのない普通の子ですよ!」。日系社会史上初めて大臣を選ぶ側に回った日系政治家の父親はいう。まるではるか先まで進んでしまった息子を、等身大に引きもどそうとするかのように。具志堅ルイスさんの父・昌永さん(八二、沖縄県本部町字具志堅出 […]
  • サッカー・マスターズ=1994年のW杯決勝をブラジルで再現=1-0でイタリアが雪辱2020年1月11日 サッカー・マスターズ=1994年のW杯決勝をブラジルで再現=1-0でイタリアが雪辱  セアラー州フォルタレーザのプレジデンテ・ヴァルガス・スタジアムで9日、1994年のサッカーW杯アメリカ大会の決勝、ブラジル対イタリア戦が、ほぼ当時のメンバーで再現された。  1994年大会では、ブラジルが24年ぶりに4度目の世界制覇を達成した。当時は、攻撃ではロマー […]