ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 援協福祉部の〇五年高齢者相談数は、前年に比べ倍増したという。延べ千七百十八件から同三千四百三十七件に増えた。福祉部の年間実働日を二百六十日とすると、一日平均十三・二件だ。相談内容でもっとも多いのは「老人ホームに入りたい」「独り暮らしで生活に困っている」。日系移民社会は、今、まさしく問題が多発する高齢者時代である▼ある過去の時期、ブラジルの日系家庭は核家族化しない、子が親をみる、したがって老人ホームの需要は少なく推移するだろう、といった議論があった。これは、外れたと言ってよい。近年は、家庭内でお年寄りが若い者にかまってもらえない。若い者たちは多忙なのだ。だから「同居孤老現象」さえ起きる▼弱者のお年寄りは、みずから、改善策を打ち出すことはできない。家族がいても、老人ホーム入居を計らなければならない時代なのだ。さて、そのホームのカーマ数だが、援協福祉部が、相談を受けて「そうですか。わかりました。すぐ手配しましょう」と言える状態とはほど遠い▼新築をする余力はない。入居希望者あるいはその家族の費用負担力が十分にあれば事情は変わってこようが、相談でみるとおり、生活に困っているのだ▼援協には、半世紀近い、たゆまぬ活動の歴史がある。今年も創設時の原点「移住者保護」―今日的にいえば「高齢者支援」を重点事業にしている。老人ホーム不足は、一団体の手に余る問題に違いない。なんとか隘路打開を計っていきたいものだ。(神)

 06/01/25

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2005年12月24日 コラム 樹海 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 総領事館休館2005年12月24日 総領事館休館 2005年12月24日(土)  在サンパウロ日本国総領事館は今月二十九日から一月二日まで年末休暇のため閉館する。期間中の電話番号は通常と同じ。(11)3254・0100 […]