ホーム | コラム | オーリャ! | オーリャ!

オーリャ!

 日本の弁護士が運営するサイトに《残業代を求める若者は「社会をなめている」のか?》という記事が掲載された。その中で最新の調査結果に触れ、「残業はいとわないが、それに見合った処遇を求める若者」が増加していると記述し、日本人の労働に対する認識の変化を弁護士として支持するという内容だった。当然、その記事は若者に支持を得ていた。
 当地に住む立場から記事を読んだ直後、なにか違和感を受けた。「若いうちは朝から晩まで文句を言わずに一生懸命働く。仕事で成功しようと思ったらそれしかない」と、ある戦後移民から熱心に説かれたのを思い出したからだ。
 日本国内とは条件が違うが、異国の地で身を立てた彼の言葉には実に重みがあった。確かに日本社会の歪みは大変な問題だが、一歩外に出れはもっと大変な状況が転がっているのも冷酷な事実だ。(石)

image_print

こちらの記事もどうぞ