ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 コチア青年合同祝賀会には遠方からの参加者が多かった。傘寿を迎えた南昭一さん(石川、1次5回)は、マットグロッソ州から参加。喜寿の小野寺守さん(岩手、1次9回)はパラナ州、同じく喜寿の松岡利治さん(埼玉、1次10回)はリオ州から駆けつけた。「同じ苦労をした私たちの絆は強いですよ」と口々に言う。55周年式典には各地から600人が集まり盛大に祝ったが、節目となる来年の60周年式典は、輪をかけて盛り上がりそうだ。

     ◎
 カニエテの慈恩寺に安置されている無数の位牌。放置されたまま傷むに任せてあったのを、「ペルー新報」の太田宏人元日本語編集長が1997年から3年間かけ、修復・整理し位牌帳を作成したという。日系人が次々と位牌を持って訪れるという状況が、先祖の位牌を供養するにも苦労する同地の状況を表している。様々な仏教宗派が寺を構え、布教を進めるブラジルは、先祖供養の面でも恵まれているといえそうだ。

     ◎
 25日付け本面で紹介した、短歌誌「椰子樹」の連載「ブラジル歌壇を支えた人々」を一冊にまとめた『流れの韻き』(小野寺郁子著) だが、発行元の日毎叢書企画出版(Rua da Gloria, 332, s/32, Liberdade)でも25レで取り扱い中という。小野寺さんは「関心のある方は、直接取りに行って頂けたら」と呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 20世紀-コロニアの20人2000年1月1日 20世紀-コロニアの20人  日本人の海外発展史にあって、二十世紀はブラジル移住の世紀でもあった。移民前史からのほぼ百年をかけて二十五万人余が移住。扶植された子孫は百四十万人におよび、海外最大の日系集団地を築き上げた。この間、コロニアは各分野に多くのパイオニア、指導者を得て、裾野の広い活動を営んでくる […]
  • 香川県人会移住90周年=南米5カ国で記念誌発行へ2003年3月21日 香川県人会移住90周年=南米5カ国で記念誌発行へ 3月21日(金) […]
  • 大耳小耳2018年8月24日 大耳小耳  コチア青年連絡協議会(前田進会長)が7月に発行した『コチア青年会報』第43号には「わが故郷ブラガンサ・パウリスタ」(永松通一みちかず)という名文が載っている。1964年着の著者は最初の4年間をここでバタタ作りをしながら過ごした。50キロの痩せっぽちだった体格が農作業でみるみる […]
  • 大耳小耳2018年1月10日 大耳小耳  「コチア青年会報」第40号が手元に届いたので見ていたら、移民110周年記念事業として米州開発銀行から支援を受けて、「コチア青年環境保全教育センター」を建設する計画があると書かれていた。どうやら国士舘スポーツセンターの青年の広場に「集会場」を建設する案が、「林間学校」に拡大し、 […]
  • 大耳小耳2017年2月9日 大耳小耳  コチア青年『会報』第37号が1月に発行された。「二世夫人から見たコチア青年」と言うコーナーを見ていたら《結婚前は「新婚旅行はリオに行こうネ」と話していましたが、結婚式のあくる日から畑が忙しく、バーゼンの収穫です。今でも口にすると「お前は日本に何回といったろう」と言います。私は […]