ホーム | コラム | 竹内香苗のブラジルだより | 憧れのリオの名所を訪問!(2)

憧れのリオの名所を訪問!(2)

 子連れリオデジャネイロの旅、2日目は、ポン・ジ・アスーカルとコルコバードの丘。8カ月の息子と一緒なので、かなりゆったりプランです。ポン・ジ・アスーカルは、直訳すると「砂糖パン」。リオデジャネイロ南部、ウルカ海岸とベルメーリャ海岸の間にある小さな半島に突き出した奇岩です。名前の由来は、まさに名前の通り「砂糖パンの形をしているから」、「かつて円錐型に固めて輸出した砂糖の塊に似ているから」、など諸説あります。町並みを順光で見るには午前中から午後の早い時間帯がよく、夜景もまた美しいそうです。
 地上から頂上までは、ロープウェイを2つ乗り継ぎます。まずは、ベルメーリャ海岸近くにある最初のロープウェイで「ウルカの丘」へ。ここからロープウェイに乗ります。
 ホリデーシーズンよりはかなり空いているといえども、ロープウェイ乗り場は長蛇の列。かなり待つのかと思いきや、20分ごとに出発しているロープウェイは数十人が立って乗るので、列はどんどん進み、それほど待たずに乗れました。
 海抜220メートルのウルカの丘に到着した時点ですでに感激! すこし霧がかかっていましたが、展望台からの眺めが素晴らしくて、気持ちいい! この日は暑く、天気がよかったので、大富豪のものと思われる(?)ヨットがたくさん浮かんでいました。

乗り場

乗り場

ウルカの丘からの眺め

ウルカの丘からの眺め

 ちょっとしたカフェやお土産屋さんもあり、うっかりここで満足しそうになりますが、気合いを入れて海抜396mのポン・ジ・アスーカル頂上を目指します。先に見えるのが頂上です。

 到着すると…ご覧の通り。何も見えません。

頂上へ向かう

頂上へ向かう

真っ白

真っ白

 ここは雲や霧が出やすく、天候が変わりやすいので、地上で天気が良くてもここは霧で真っ白ということがしばしばあるそうです。でも、晴れ間を狙って・・・。

遠くにキリスト像

遠くにキリスト像

 ほとんど見えませんが、遠くにちょこんと突き出ているのがコルコバードの丘で、キリスト像が建っています。頂上からは晴れ渡った絶景を望むことは出来ませんでしたが、真っ白な霧の中に降り立ったことも、途中のウルカの丘からの絶景もリオの良い思い出となりました。ちなみに息子は、行列に並んでいる時は元気に起きて周りの方々に愛想を振りまいていましたが、肝心のウルカの丘からの絶景と頂上はお昼寝中につき見逃しましたとさ。
 今回の旅の目的、1つ達成!午後は二つ目の目的地、コルコバードの丘へ。こちらはやっとの思いで辿り着きました。

プロフィール

竹内 香苗(たけうち かなえ)。愛知県出身のフリーアナウンサー。約10年間過ごしたTBSでは『はなまるマーケット』『朝ズバッ!』などに出演。夫のブラジル赴任に伴い12年に同局を退社し、ホリプロに所属。同年11月よりサンパウロ市に滞在している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2014年11月13日 憧れのリオの名所を訪問!(4・終)  リオデジャネイロは「Cidade […]
  • 2014年11月5日 憧れのリオの名所を訪問!(3)  リオデジャネイロの旅、まだまだ続きます。ポン・ジ・アスーカルの次は、こちらも念願! コルコバードの丘へ。海抜709メートルの丘の上には、高さ30メートルの白いキリスト像がそびえ立ちます。横に広げた両手の幅は28メートル。全身にミナス・ジェライス州産の石が貼られています。  […]
  • レブロン海岸2014年10月23日 憧れのリオの名所を訪問!  先週金曜日から日曜日にかけて、2泊3日でリオデジャネイロに行って来ました。サンパウロから飛行機でおよそ1時間。リオデジャネイロは、ポルトガル語では「ヒオジジャネイロ」と読み、「Cidade […]
  • 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」2016年8月17日 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」  【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪で日系ブラジル人選手2人が14~15日、相次いで銅メダルを手にした。ブラジルが獲得したメダルは16日までに計10個。日系人選手の活躍は自国開催で意気込むブラジル代表チームに勢いを与えており、日系社会からは「誇りだ」と喜びの声が上がっ […]
  • リオデジャネイロ五輪=マリンガ 園尾彬 2016年7月13日 リオデジャネイロ五輪=マリンガ 園尾彬   最近の日本の報道を見ていると、リオ五輪を「リオでじゃねえよ」というような冗談で、ことさらに「開催危うし」また「リオは犯罪都市で危険」というニュースが多いように思われます。私のようにブラジルに帰化し、当地で生活する日系人としては非常に残念な思いに駆られます。 移住2年後、兄のコ […]