ホーム | 日系社会ニュース | 聖南西お話学習発表会=39人が学習の成果披露
お話学習発表会表彰式
お話学習発表会表彰式

聖南西お話学習発表会=39人が学習の成果披露

 聖南西教育研究会(渡辺久洋会長)主催の「お話学習発表会」が、23日にカッポン・ボニート文協会館で行われた。同地区のイビウーナ、ピエダーデ、ソロカバ、ピラール・ド・スール、コロニア・ピニャール、レジストロ各市文協の日本語学校7校が参加、会場には生徒や保護者だけでなく地元住民の姿も見られた。
 各校生徒の絵や毛筆作品が展示された会場で、午前9時半に開会式が行われ、渡辺会長、カッポン・ボニート文協会長の柿原隆幸氏が挨拶。聖南西文化体育連盟教育部長の菱沼利明氏は、先日ノーベル平和賞に選ばれたマララ・ユスフザイさんの演説を引用し「一本のペン、一冊の本、一人の教師が世界を変えることができる」と教育の重要性を訴えた。
 午前のお話の部は、各学校から選ばれた7~16歳の代表者39人が発表を行った。新任教師によるリラックスタイム(●何?)も交え、終始和やかな雰囲気のなか発表は進み、生徒らの緊張しながらも気持ちの込もった発表に、聴衆は聞き入った。
 松下香さん(16)は、「昔は嫌いだった日本語の勉強が今は好きになった。ウセンス日本文化センターで日本語を勉強することができて幸せ」などと発表、桧山せいじ君(13)や、玉田ナタシャさん(15)は友達の大切さを、椎木愛野(あや)さん(12)は、8月に行われたレジストロ平和灯篭流しで鑑賞した原爆映画に対する感想や衝撃を発表した。
 午後の出し物の部では、各学校が踊りや合唱、劇など12の出し物を披露し、勉強以外の活動にも力を入れている同地区日本語学校の特色が垣間見られた。
 その後、表彰式が行われ、お話の部の学校代表者へ賞状と記念品が贈られた。8月に行われた聖南西作文コンクールの学校代表者の表彰も行われ、その全作品を掲載した作文集「みらい」が各学校に配布された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 休日のATM利用に要注意=高齢者狙ったカード詐欺か2019年5月21日 休日のATM利用に要注意=高齢者狙ったカード詐欺か  「母の日」だった12日(日)午前10時、東洋街の銀行で高齢者を狙ったカード盗難事件が発生した。被害者の戦後移民女性が来社して事件の詳細を語り、注意を呼びかけた。  被害者によれば、事件は聖市リベルダーデ区ガルボン・ブエノ通りのサンタンデール銀行で発生。休日なので現金自動預け […]