樹海

 選挙も終って、政治家が情報を偽ったり仮面をつけたりする必要がなくなった。勝つためなら何でもするという姿勢はある意味天晴れだが、結果が出てから現実を目の前に突きつけられる選挙民はいい面の皮だ▼ジウマ政権は、聖州の水不足は同州政府の無策が原因と批判する一方で電力不足はないと言い続けてきたが、実際には広域停電などで節電を呼びかけた01年当時より水力発電所のダム貯水量は少なく、電力不足が起きる可能性は30%以上とも▼あの頃より火力発電所などが増え、代替策はあるが、聖州アウタ・チエテ水系ジャグアリ貯水池では、発電量確保のために放水量を増やし、水位低下が早まった。現在のようにフル稼働が続けば、火力発電所は燃料代や保守経費などで足が出るという▼水も電力も人口増加に伴って需要が増えるものだが、それに見合う投資がなされていたか、節水や節電といった啓蒙活動は充分だったか、不測の事態を想定した準備はできていたのかと訊きたくなる▼最近の新聞やテレビでは、雨水や洗濯機の水を溜めてトイレや掃除に利用するといった節水策の紹介も増えた。我が家でも、全国的に節電が呼びかけられた01年以降、洗濯の水の半分はトイレや掃除用、残り半分のゆすぎ水は次の洗濯用だったが、今年は食器などを洗った洗剤入りの水もトイレ用、米のとぎ汁や麺のゆで汁は植木用に使おうとバケツの数を増やした▼聖州の水不足は来年も続くといい、春から夏にかけて雨が降らなければ、来年は本当に水が底を突いてしまう。喉元過ぎればで節約精神を忘れては困るが、それ以上に、腹をくくらなければならない状態になるのが怖いこの頃だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 戦々恐々とする次期大統領の最有力候補2016年5月28日 戦々恐々とする次期大統領の最有力候補  次期大統領選挙の最有力候補といわれるアエシオ・ネーベスPSDB党首の周辺が、だいぶ、きな臭い。テオリ・ザヴァスキ最高裁判事が24日、セルジオ・マッシャード元トランスペトロ総裁の司法取引証言を承認したため、同総裁とレナン上院議長との密談内容が詳細に報道されたからだ▼捜査状況を心 […]
  • 「2枚目の特別小切手」という致命的な環境破壊2014年12月3日 「2枚目の特別小切手」という致命的な環境破壊  先週から降り始めたが、聖市民800万人の〃水瓶〃カンタレイラ水系の水は圧倒的に足りない状況だ。現在は底水のさらに底、第2水域からくみ上げている▼専門家は「1枚目を返さないうちに、シェッキ・エスペシャル(特別小切手)の2枚目を切っているのと同じ。元金を返すどころか、利子払い […]
  • コラム 樹海2013年6月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年6月11日  農園への不法侵入で訴えられ、5月30日の強制立ち退きでは警察との抗争で死傷者も出した南麻州の先住民テレナ族が6日、ブラジリアで法務大臣や大統領府総務室長らと3時間半会談した。先住民側は先祖伝来の土地に白人達が入って来て自分達を追い出したと考 […]
  • コラム 樹海2014年3月18日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月18日  9月から始まった北伯マデイラ川の増水が最高水位を更新中の15日、ジウマ大統領がロンドニア州ポルト・ヴェーリョなどを視察した▼川の水位が19メートルを超え、感染症なども報告されている事は13日付弊紙既報だが、編集部ではその日、大統領がこの地 […]
  • コラム 樹海2014年2月25日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年2月25日  21日(金)夜7時過ぎ、リニューアル後2日目のサイトへの記事掲載準備時に突然、停電が起きた。編集部にはポ語部記者も含めて4人が残っていたが、一旦戻った電気が再び落ちた時、作業を中断して帰宅する事となった▼地下鉄が止まって家に帰れない人が大 […]