ホーム | 日系社会ニュース | 秋田県人会11人が訪日=国民文化祭に出演のため
訪日団一同
訪日団一同

秋田県人会11人が訪日=国民文化祭に出演のため

 日本の文化庁などが主催する国内最大の文化の祭典「国民文化祭」に参加するため、ブラジル秋田県人会(川合昭会長)の11人が29日に伯国を発った。国費での同祭参加は初。
 全国各地から個人や団体が参集し、県内各地で演劇や芸能、アート、文芸、音楽など様々な文化行事を行う祭り。昭和61年に始まった。同県での開催は初めて。10月4日に開幕し、今月3日にフィナーレを迎える。
 訪日団は最終日に秋田市で開かれる閉会式で、民謡「秋田馬子唄」と「秋田長持唄」を披露する。伯国民謡大会で2度の優勝経験を持つ佐藤吉次さん(72)は、当日の伴奏がカラオケであることを懸念しつつも「思いっきり歌ってきます」と意気込みを語った。
 一行は、秋田県庁、由利本荘市、湯沢市、大潟村を表敬訪問するほか、稲庭うどんの老舗「佐藤養助総本店」も訪れる。川合会長は「来年の日伯外交開始120周年に先駆け、友好を深めてきます」と笑顔で話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ