ホーム | 日系社会ニュース | 在外公館投票がスタート=聖市は援協で6日まで
援協神内ホールでの投票の様子
援協神内ホールでの投票の様子

在外公館投票がスタート=聖市は援協で6日まで

 衆院選の在外投票が3日、各在外公館で始まった。聖市はサンパウロ日伯援護協会5階の神内ホール(Rua Fagundes, 121, Liberdade)が投票所となり、6日まで投票を受け付けている。投票時間は午前9時半から午後5時まで。
 初日は開館前から会場に約10人の有権者が並んだ。管轄区の在外投票登録者数は約1万2千人。総領事館から10人、臨時スタッフ50人の計60人が対応する。本人が来場できない場合や本人による記入が難しい場合は、代理人や代書による投票も可能だ。
 「在外投票制度ができてからずっと来ている」という中尾契信さん(66、山口)は、「自民党が駄目になったら日本が駄目になる。出身地が同じでもあるし、安倍政権を応援している」と語った。
 同じく毎年投票に訪れるという菊池由美子さん(69、東京)は、「長いこと日本を離れていて小選挙区の方は分からないので、比例区の方だけ投票した。前回は小規模な党に入れて後でがっかりしたので、その経験を生かして選んだ」と話した。
 詳細は在聖総領事館(電話=11・3254・0100、サイト=www.sp.br.emb-japan.go.jp/jp)もしくは各在外公館まで。

 世界各地で在外投票開始=外交案じ経済回復に期待

 【シドニー、ソウル、上海共同】海外に住む日本人による衆院選の在外投票が3日、始まった。海外在住者も安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」に関心を寄せ、日本の経済復活に期待を込め一票を投じた。
 治安情勢の悪いイラクやアフガニスタンなどを除く世界214の在外公館で実施。20年以上シドニーに住むスタンホープ・悦子さん(65)=宇都宮市出身=はシドニーの日本総領事館で投票。「経済が復興しなければ海外での日本の影響力も低下してしまう。少子高齢化が進んでも誇りが持てる母国にしてほしい」と話した。
 韓国や中国の在外公館には日本の景気に加え、日中韓の外交関係を案じる有権者の姿も。ソウルの日本大使館では日本企業現地法人の佐藤賢さん(46)が「首脳間でコミュニケーションできない状況は残念だが、一般の韓国人の対日感情は特にネガティブでもない。今後は首脳も仲良くしてほしい」と語った。
 上海の総領事館では中国駐在歴約10年の水関連設備会社勤務、松本忠之さん(36)=静岡市出身=は「日中関係が悪化すると日本の製品が売れなくなる」と述べ、関係改善の願いを胸に投票に臨んだ。
 総務省によると、在外投票に必要な選挙人名簿の登録者数は今年8月現在で約10万8千人。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 援協=高齢化時代に備えて予防を=医療と終活考えるフォーラム2019年6月7日 援協=高齢化時代に備えて予防を=医療と終活考えるフォーラム  日伯福祉援護協会(与儀昭雄会長)は「第2回日系福祉団体フォーラム」を5月29日、援協本部ビルで行った。テーマは「高齢者に対する支援と人生の終わりに向けた活動に関する日系社会の課題」。専門家による講演や、福祉団体関係者と参加者による討論会が行われ、約80人が参加した。 […]