樹海

 7日午後、サンパウロ市中央のメルカドンを訪れた買い物客は、予期せぬ〃贈り物〃を受け取った。買い物客で混む市場の中で突然、クリスマス(ナタール)・キャロルが湧き上がったのだ▼コンサートを行ったのはサンパウロ総合大学(USP)合唱団。買い物客を装って随所に散った団員達が一斉に歌い始めると、買い物客達も自然にそれに和す。サンパウロ市地下鉄でのクリスマス・キャロルの合唱は恒例行事だが、この手のコンサートは市民と歌い手の距離が近いのが嬉しい▼英国の文豪ディケンズの代表作品の一つに「クリスマス・キャロル」という小説がある。守銭奴で冷酷無慈悲のスクルージがクリスマス・イヴに共同経営者だったマーレイの亡霊の訪問を受け、「おまえが悲惨な結末を迎えぬよう、3人の精霊が遣わされる」と予告される▼精霊達に自分の過去と現在、未来を見せられたスクルージは、クリスマスの夜明けと共に悪夢のような未来を変える事が出来ると知り、マーレイと3人の精霊達に感謝と改心の誓いをたて、これまでと180度違う生活を始める▼寄付を求めて来たが追い返した紳士達には寄付を申し出、甥の家の夕食会に出向き、事務員の家にご馳走を届けさせると共に病気の息子を抱える家族への援助を行う▼事務員の息子の病気は治り、スクルージはこの子の「第2の父」とも呼ばれる存在となる。この作品のビデオにある、おぞましい未来の精霊の姿の後に出てくる、人々が歌い、踊る場面は我が家の子供達も大好きだった。経済的には厳しいブラジルだが、TVで流れたUSP合唱団の姿に、一人でも多くの人がクリスマスの喜びを味わえるよう、改めて願わされた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も2020年10月20日 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も  経済省が19日、10月第3週までの貿易収支は32・63億ドルの黒字だと発表した。  10月に入ってからの3週間の貿易額は、輸出が97・61億ドル、輸入64・99億ドルだ。経済省によると、第3週だけで6・82億ドルの黒字が出たという。  営業日1日あたりの貿易額は、 […]
  • 《ブラジル》22年大統領選は現副大統領抜きか=以前から意見の相違=気になる代替副候補は?2020年10月20日 《ブラジル》22年大統領選は現副大統領抜きか=以前から意見の相違=気になる代替副候補は?  ボルソナロ大統領が、2022年の大統領選には、現職のアミウトン・モウロン副大統領を副候補として選ばない考えであることを周囲に明かしていると、19日付フォーリャ紙が報じている。  フォーリャ紙が報じたところによると、ボルソナロ氏は、すでに3人の側近に、22年の大統領選 […]
  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ2020年10月20日 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ  新型コロナウイルスに対するワクチン接種をめぐり、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事とボルソナロ大統領とが、「義務化するか否か」について、全く異なる主張をし合っていると、19日付現地サイトが報じている。  事の発端は16日、ドリア知事がコロナのワクチンに関して「医者に処方禁止 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]