ホーム | 日系社会ニュース | 下本八郎氏が優勝旗寄贈=ブラジル相撲連盟に

下本八郎氏が優勝旗寄贈=ブラジル相撲連盟に

女子選手らと記念撮影に収まる下本さん(前列左から2人目)

女子選手らと記念撮影に収まる下本さん(前列左から2人目)

 ブラジル相撲連盟で名誉総裁を務める下本八郎元サンパウロ州議が、同連盟に自費で購入した特注優勝旗を寄贈した。先月23日、サンパウロ市ボン・レチーロの常設土俵場で行なわれた「幼少年・ベテラン相撲大会」の当日、連盟側に手渡され、下本氏は「伯相撲界の更なる発展を祈念し、その一助となれば」と期待した。
 20万円以上かかるという特注品は完成まで3、4カ月を要すが、国際相撲連盟の計らいで早期完成し、10月末の海外日系人大会で訪日した際に持ち帰ることができたという。今後は女子団体の優勝旗として使用される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2015年9月26日 東西南北  24日夕方、ジウマ大統領を乗せて離陸しようとしたヘリコプターから炎が上がり、話題を呼んだ。これは同日18時40分頃、大統領府から、渡米用の飛行機に乗るためにブラジリアの空軍基地に向かおうとしたときに起きたトラブルだ。数秒間現れた炎について空軍は、「日常的によく起こるものであり […]
  • 《ブラジル》銃規制緩和の余波広がる=携帯許可の緩和と、市場開放による価格低下が起これば普及も2019年1月17日 《ブラジル》銃規制緩和の余波広がる=携帯許可の緩和と、市場開放による価格低下が起これば普及も  ボルソナロ大統領が15日、銃規制緩和を定めた大統領令に署名したことで、ブラジル銃業界にも大きな影響が出ている。  現在のブラジル国内の銃市場は、リオ・グランデ・ド・スル州に本社を持つ、タウルス社の独占状態だ。  同社株は、18年の選挙戦の期間中から、銃規制緩和推進 […]
  • コラム オーリャ!2009年2月28日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2009年2月28日付け  不況になって、日本では「共生」という言葉が勢いを増しているようだ。十九日に文協で来伯講演した結城恵・群馬大准教授は、「今こそ日本の社会システムを変えるチャンス」と多文化共生を訴えていた。 […]
  • 宮城県人会青年部が活躍中!=ジウリアーノ部長「とてもいい雰囲気」2012年7月24日 宮城県人会青年部が活躍中!=ジウリアーノ部長「とてもいい雰囲気」 ニッケイ新聞 2012年7月24日付け  県人子弟とは関係のない若者で構成される「青年部」が宮城県人会に発足し、昨年1月から活発に活動している。 […]
  • ピンドラーマ十月号発行2007年10月26日 ピンドラーマ十月号発行 ニッケイ新聞 2007年10月26日付け  コジロー出版社のブラジル情報誌「ピンドラーマ」二〇〇七年十月号が発行され、市内の日系書店や日本食レストランなどで配布されている。 […]