ホーム | コラム | 樹海 | 「自分の死亡診断」を聞く可能性

「自分の死亡診断」を聞く可能性

 戦後移民の代表格コチア青年の平均年齢も今では79歳――身近な人の死に目に会う機会は少なくない。週刊新潮11月27日号の「臨終読本」5頁特集で、いまわの際に家族が後悔しないよう専門医の提言が掲載された▼いわく《終末期の患者さんも、反応ができないだけで耳は聞こえている可能性があります。ですから〃死が近いですかね〃とか、〃葬式の準備をした方が良いですか〃といった会話を患者さんの傍らですると、聞こえている可能性があるわけで、注意すべきです》▼何の反応もない昏睡状態、瞳孔の収縮反応がない瀕死の状態でも、実は患者に聞こえている…。その状態から奇跡的に回復した人から「こんなことを言っていましたね」と指摘された医師の体験談が紹介されていた。というのも耳と脳の機能が失われるのは最後の最後だからだ▼①瞳孔拡大と対光反射消失、②呼吸停止、③心臓停止の三兆候を満たした時点で「死亡診断」が下されるが、これは《あくまで法律上の便宜的な区切りでしかない。実際は心停止後、全身の細胞がゆっくり死んでいくわけです》と説明する▼《三兆候を満たしたからといって、全てが死んでいるわけではありません。まだ外の音が聞こえている可能性もないとは言えない》とし《死亡診断が下されたからといって、声を掛けたり、身体をさすってあげることは、決して無意味ではない》と薦める。つまり「自分の死亡診断」を聞いている可能性がある▼死亡診断後に〃死者〃の良くないことを言ったからといって、何が起きる訳ではない。死者へのレスペイト(敬意)の意味で重要だし、自分が逝く側だと想像するとゾッとする。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 聖南西果樹農家巡り(下)=ピエダーデの益田照夫さん=大規模化して次世代に継承2021年4月7日 聖南西果樹農家巡り(下)=ピエダーデの益田照夫さん=大規模化して次世代に継承  フェイラには真っ赤に熟れた柿が並んでいる。生産者の大半は日系人だ。その代表的な一人、ピエダーデ市で高品質な柿や栗などを生産する益田照夫さん(79歳・愛媛県)を取材した。  益田さんの生産物は聖市の台所、中央卸売市場「セアゼスピ」で卸売されている。柿の収穫期の現在は週 […]
  • 聖南西果樹農家巡り(中)=ピニャールの山下治さん=福井村の草分け、苦労の葡萄作り2021年4月6日 聖南西果樹農家巡り(中)=ピニャールの山下治さん=福井村の草分け、苦労の葡萄作り  ブラジルでは夏が過ぎて実りの秋となり、葡萄の収穫期だ。コロニア・ピニャール移住地で大玉の種無しマスカットや葡萄を中心とした果樹菜園を行う山下治(おさむ)さん(85歳・福井県)を取材した。  山下さんは、同地域で畑を開いて58年。現在合計面積約27アルケール、3つの畑 […]
  • 鹿児島総会=新会長に文岡正樹氏を選出=「今まで以上に団結ある会に」2021年3月17日 鹿児島総会=新会長に文岡正樹氏を選出=「今まで以上に団結ある会に」  ブラジル鹿児島県人会(上園モニカ会長)は2月21日9時から「鹿児島県人会定期総会」をオンライン会議アプリズーム上で開催し、役員選挙で文岡正樹氏を新会長に選んだ。当日はメンバー21人が参加。中にはパラナ州クリチバ市や、北大河州ナタール市など、聖州外からの参加者も目立った […]
  • 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和2021年3月5日 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和 「行け行け南米新天地」のポスターを見て  八十歳を迎え、移住してより、六十年。世界中がコロナ禍で旅行も出来ず、外出も控えて、家でゴロゴロして居る今日この頃である。早くコロナが終息する事を祈りながら、暇にまかせて、新移民の頃を思い返してみよう。  高校最後の夏休み […]
  • 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和2020年12月24日 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和  戦前移民19万人、戦後移民6万人とか7万人と言われる。日系190万人、海外最大の日系社会である。1957年から1962年の5年間が戦後移住者のピークで、1964年の東京オリンピックを機に日本は高度経済成長期に入って移住者が激減し、新しく移住してくる人が途切れて50年。戦後青年 […]