fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 米国=キューバと国交回復へ=国交断絶から53年ぶり=南米諸国にも影響した対立=ジウマ大統領も喜びを表明
スパイ容疑で逮捕されていたが釈放されたキューバ人を迎えるラウル・カストロ国家評議会議長(Estudios Revolución/Cuba Debate)
スパイ容疑で逮捕されていたが釈放されたキューバ人を迎えるラウル・カストロ国家評議会議長(Estudios Revolución/Cuba Debate)

米国=キューバと国交回復へ=国交断絶から53年ぶり=南米諸国にも影響した対立=ジウマ大統領も喜びを表明

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 再選を祝うジウマ大統領とルーラ元大統領(Foto: Ricardo Stuckert/Instituto Lula)2015年1月7日 政権交代はなぜ起きなかったか=なりふり構わぬ選挙攻勢=反ジウマ派の勢いの限界  13年6月のコンフェデ杯時に世界を驚かせた全国的なマニフェスタソン、景気停滞、そして連立与党が絡んでのペトロブラス超大型汚職…。ここまでのマイナス要因がありながらも、労働者党(PT)のジウマ政権は選挙で再び選ばれ、継続することを決めた。特に13年の抗議行動に強烈な印象を持 […]
  • 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘2016年11月1日 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘  全国統一市長選の決選投票を翌日に控えた10月29日午後、サンパウロ市のパウリスタ大通りで、アメリカ大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏を支持する派、しない派に分かれて市民が集まって集会を行ったところ、両者の議論が白熱し、乱闘騒ぎとなって、警察が出動し、4人を補導する事態 […]
  • 13日に飛行機事故で他界したカンポス氏(PSB)2014年8月14日 カンポス氏だけではない=飛行機事故で他界した政治家  13日午前中に起きた10月の大統領選挙の目玉候補だったエドゥアルド・カンポス氏の飛行機墜落死は、国の内外に衝撃を与えた。ブラジル国内の有力紙のサイトはどこも紙面を大きく割いて報道を行なった。また、国外でもアルゼンチン、メキシコ、スペイン、イタリア、フランスなどの有力紙のサ […]
  • ボルソナロ=仰天政策が次々に続出=人気極右大統領候補がアメリカ・キャンペーンで残した疑問2017年10月14日 ボルソナロ=仰天政策が次々に続出=人気極右大統領候補がアメリカ・キャンペーンで残した疑問  18年の大統領選の世論調査で支持率2位につけているジャイール・ボルソナロ下院議員が、大統領選を1年後に控え、アメリカでキャンペーンを行ったが、そこで次々と仰天発言を行い、疑問点や矛盾点も垣間見せている。 […]
  • 《ブラジル》「奴隷の呪い」と統合労働法2017年7月18日 《ブラジル》「奴隷の呪い」と統合労働法  1943年施行の統合労働法(CLT)は、少し日本の憲法に似ている。歴代大統領が試みてきたにも関わらず、74年間も実現しなかった難事だからだ。軍事政権すらやらなかった。 […]