ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州海岸部へ向う高速道に、ここ2カ月間で87機の監視用レーダーが取り付けられた。1年前は16機のみだったが、これまでは皆無だったリオ~サントスとタモイオス、オズワルド・クルズにそれぞれ、38機と17機、2機が新設されたのをはじめ、パードレ・マノエル・ダ・ノブレガに26機、モジ~ベルチオガに3機増設された。「運転手にはくれぐれもスピードを守っていただきたい。我々としては交通事故の犠牲者を減らしたい」とサンパウロ州交通局のクロドアウド・ペリシオーニ局長は語っている。また、路肩を使った危険な追い越しは957・70レアルの罰金に7点の減点など、道路交通法も厳しくなっている。
     ◎
 7月に緊急医療室が28時間停止になるなど、財政難が深刻視されているサンパウロ市のサンタカーザ病院が18日、既に予約されている検査や診療、手術をしばらくのあいだ差し止めると発表した。予約済みの検査や手術などを実際に受け付けるのは病状が重いと判断される患者のみで、軽いと判断した場合は、無期延期となる。これにより、月々4千件の手術、3万1千件の診療、15万件の検査に影響が出るという。同病院の負債額は8億レアル以上に膨れ上がっているというから心配だ。
     ◎
 サンパウロ市のモノレール線15号線が、きょう20日より、午前9時から午後2時まで毎日運行されることになる。同線は地下鉄2号線のヴィラ・プルデンテ駅と接続するが、当面は同駅とオラトーリオ駅の2駅のみ。現在はテスト運行のため、2駅間の乗車は無料だが、2号線に乗り継ぐ場合は料金を払う必要がある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月8日 東西南北  サンパウロ市では5日から、市立校の教職員を対象としたPCRテストを行っている。同市教育局によると、5日だけで2万人がテストを受けたという。そのため、初日の5日には検査の数が足りなくなったり、長蛇の列ができて3密が発生したりしたが、6日には、回廊部分に間隔をあけて椅子を並べ、順 […]
  • 東西南北2021年4月6日 東西南北  ブラジルを代表するバラード歌手アギナルド・チモテーオが3日、コロナウイルス感染症で入院していたリオ市の病院で亡くなった。84歳だった。アギナルドは歌手だけでなく、政治家としても知られ、下院議員の他、サンパウロ市、リオ市の市議を務めたこともある。実直な人柄で知られ、コロナウイル […]
  • 《記者コラム》頼みの綱の軍部からも一線を引かれた大統領2021年4月6日 《記者コラム》頼みの綱の軍部からも一線を引かれた大統領 セントロンに追い詰められる大統領  3月24日、ブラジルはコロナ死者30万人を超えるという惨状を呈した。この社会的不安感と緊張感の高まりを背景に、経済界も対策を求める意見書を公開し、それに背中を押されて政界の動きも激しくなった。3月末には1日の死者が4千人超の日が出るなど事態 […]
  • 東西南北2021年3月25日 東西南北  24日で、サンパウロ州が対コロナウイルスの外出自粛規制をはじめてから1年が経過した現在、サンパウロ州はもっとも厳しい規制を行っている真っ只中だ。その間に、州内では233万人余りの感染者と6万9千人弱の死者を記録している。これに関して、「もっと厳しい規制を行わないから封じ込めら […]
  • 《サンパウロ大都市圏》公共交通機関の利用者激減=より厳しい外出規制採用で2021年3月24日 《サンパウロ大都市圏》公共交通機関の利用者激減=より厳しい外出規制採用で  新型コロナの感染再燃でより厳しい外出規制が採用されたため、サンパウロ大都市圏では、バスと鉄道の双方の利用者が62%減少した。  サンパウロ州政府によると、市内バスと市間バス(EMTU)、地下鉄、都電(CPTM)の利用者は、パンデミック前の1050万人/日から400万 […]