ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 スザノ・イペランジアホームで行なわれる来年のダリア祭りでは、従来の3千本に加え、新種のダリア1千本が鑑賞できるそう。援協定例会での発表によると、15日に逝去した押切フラビオ山形県人会長が母県から持ち帰った45個の球根を、同ホーム運営委員の武吉七郎さんがなんと1千個まで根気よく増やしたのだとか。同会長がテープカットに出席できないのが残念だが、〃形見〃のダリアを満開に咲かせることが何よりの手向けになりそうだ。
     ◎
 在聖総領事館がジャパンハウスについて、一般向けに意見交換会を行なった。会合ではコロニア関係者から、「ずさんな体制の文協に、ジャパンハウスの運営は任せられない」といった発言もあったよう。文協役員がそれらを否定し、弁明する場面もあったとか。話題が反れ、無駄な時間だとヤキモキする関係者もいたようだ。
     ◎
 また在聖総領事館は同施設の設立に向け、独自に開設地選定などの調査を進めている。場所などは結局、運営団体が決めるものだが、総領事館の調査結果が日本政府による委託業者選定の指標となるようだ。ジャパンハウスを然るべき場所に構え、一過性で終わらない運営体制を築くためにも、十分な調査や日系団体からの期待などを、日本側にしっかり伝えてもらいたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]