ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 本紙サイト(nikkeyshimbun.jp)でコラム「ブラジル便り」を綴ったフリーアナウンサーの竹内香苗さんが、夫の転勤に伴い、昨年末に亜国へ飛び立った。自身のブログ(ameblo.jp/kanaediary/)で早速、渡亜後の生活を紹介。引越し早々、停電や蟻発生問題など前途多難な正月を過ごした様子だ。亜国も当地に負けず、トラブル続きで話題には事欠かないかも。
     ◎
 また同コラムは日本の読者向けに始めたものだったが、一年弱の間で45回を数え、サイトやフェイスブック(facebook.com/nikkey.shimbun)でもアクセス数が多く話題となった。新年号では紙面でしっかり、出産、W杯など充実のブラジル生活を振り返ってもらった。まだ読まれてない人は是非ご一読を。
     ◎
 昨年の安倍首相来伯時に、当初の予定にはなかった首相の県人会館訪問を実現させ、コロニアの話題をさらった山口県人会。「会館前での記念撮影だけの予定だったが、引っ張るようにして中にも入ってもらった」と嬉しそうに語る要田武会長。文協新年会の会場で今年の活動について尋ねると、「在外山口県人世界大会が11月にアメリカで開催される。県が4年に一度主催するもので是非参加したい」とか。世界の県人への土産話は、やはり安倍首相訪問の件で決まり!?

image_print

こちらの記事もどうぞ