ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 6日から、サンパウロ市のバス、地下鉄およびCPTMの運賃が3レアルから3・50レアル、両方の乗り継ぎ運賃も4・65レアルから5・45レアルに上がった。これに伴い、5日の市内の駅ではビレッテ・ウニコに課金する人の長蛇の列があちこちで見られた。この値上で、これまで「割高」とされていたビレッテ・ウニコ定期券(月極券)に有利な条件が生まれたことになる。ただ、週5日の通勤でバスと地下鉄を乗り継ぐと仮定した場合、1週で54・50レアル、1カ月だと218レアルの計算だが、バスと地下鉄共用型定期券の月額は230レアル。もう少し安くなれば、定期券の利用も増えるが。
     ◎
 また、バス、地下鉄の値上と同じく、サンパウロ市のタクシーの値段も6日から上がった。上げ幅は、初乗りが4・10レアルから4・50レアルとなり、1キロごとの走行料金も、従来の2・50レアルから2・75レアルとなる。こちらもバスや地下鉄同様、2011年1月以来の値上となる。タクシー料金は乗る時間帯や車の種類で異なるため、詳細はサンパウロ市交通局の公式サイトhttp://www.prefeitura.sp.gov.br/cidade/secretarias/transportes/を参照のほど。
     ◎
 カンタレイラ水系の水位は6日に6・9%に落ち、再び7%を割った。1月は雨は降るものの降水量が多くない日が続いているが、これは南大西洋亜熱帯高気圧(ASAS)の影響が昨年末から強く、ブラジル全土で雨が降りにくい状況になっているためで、しばらくこの状況は続くとか。12月の降水状況が良かっただけに、気がかりな話だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月8日 東西南北  ボルソナロ大統領が4日、大統領選の決選投票で争ったフェルナンド・ハダジ氏とツイッター上で口論を行い、話題となった。事の発端は、ドイツのメディアが昨年のブラジル大統領選を「非知性主義の勝利」と評した記事をハダジ氏がシェアしたのに対し、ボルソナロ氏が「刑務所の囚人の操り人形」が「 […]
  • 東西南北2018年11月1日 東西南北  今年に入り、地下鉄5号線をはじめ、新駅の開業ラッシュが続いていたサンパウロ市地下鉄やCPTM(都電)だが、2019年は予算が抑えられることになりそうだ。地下鉄が今年の予算より9・86%減の20億500万レアル、CPTMが8・8%減の34億1千万レアルとなる。これらはすでに、サ […]
  • 東西南北2018年4月3日 東西南北  グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール […]
  • アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?2017年12月8日 アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?  来年10月の大統領選挙は、汚職裁判で出馬失格の危険性のある中、国民の圧倒的な支持率を元に突っ走る元大統領のルーラ氏(労働者党・PT)と、「反ルーラ、反PT」の支持を集める極右候補のジャイール・ボルソナロ氏の一騎打ちのような様相を現時点では見せている。だが、まだ選挙本番 […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]