ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 6日から、聖市のバス、地下鉄およびCPTMの運賃が3レアルから3・50レアル、両方の乗り継ぎ運賃も4・65レアルから5・45レアルに上がった。これに伴い、5日の市内の駅ではビレッテ・ウニコに課金する人の長蛇の列があちこちで見られた。この値上で、これまで「割高」とされていたビレッテ・ウニコ定期券(月極券)に有利な条件が生まれたことになる。ただ、週5日の通勤でバスと地下鉄を乗り継ぐと仮定した場合、1週で54・50レアル、1カ月だと218レアルの計算だが、バスと地下鉄共用型定期券の月額は230レアル。もう少し安くなれば、定期券の利用も増えるが。
     ◎
 また、バス、地下鉄の値上と同じく、聖市のタクシーの値段も6日から上がった。上げ幅は、初乗りが4・10レアルから4・50レアルとなり、1キロごとの走行料金も、従来の2・50レアルから2・75レアルとなる。こちらもバスや地下鉄同様、2011年1月以来の値上となる。タクシー料金は乗る時間帯や車の種類で異なるため、詳細は聖市交通局の公式サイトhttp://www.prefeitura.sp.gov.br/cidade/secretarias/transportes/を参照のほど。
     ◎
 カンタレイラ水系の水位は6日に6・9%に落ち、再び7%を割った。1月は雨は降るものの降水量が多くない日が続いているが、これは南大西洋亜熱帯高気圧(ASAS)の影響が昨年末から強く、伯国全土で雨が降りにくい状況になっているためで、しばらくこの状況は続くとか。12月の降水状況が良かっただけに、気がかりな話だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年4月3日 東西南北  グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール […]
  • 東西南北2016年11月1日 東西南北  10月30日で今回の統一市長選は終了し、PTが大惨敗、テメル連立政権が圧勝、PSDBが大躍進という結果になったが、棄権者と無効票、白票が過去最多の32・5%に達したことも見逃せない。棄権者は有権者の21・6%の710万人。白票は投票数の4・28%、無効票も12・41%で、全投 […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]
  • 東西南北2016年3月1日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦に関するニュースが紙面を独占する状態は今年になって加速するばかりだが、その最中の2月28日、ジョゼ・エドゥアルド・カルドーゾ法相(労働者党・PT)が辞意を表明した。同法相は、渦中のルーラ前大統領やPT党員から「検察庁や連邦警察を野放しにしており、管理できて […]
  • 東西南北2016年10月18日 東西南北  次期サンパウロ市市長のジョアン・ドリア氏は14日、訪問先のブエノス・アイレス市で取材を受け、市長になったあかつきには同市でおなじみとなっている露天商を撤去したいと語った。同氏によると、サンパウロ市の露天商は制限なく路上に溢れかえっており、整理する必要があるという。同氏の構想で […]