ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 昨年11月、89歳で亡くなった亜国邦字紙「らぷらた報知」の主幹高木一臣さん。「大げさにしたくないから、家族以外には伝えないで」という言葉を残していたそうで、同社社員らに訃報が届いたのは、1週間ほど後だったそう。というのも編集業務は在宅で行なっており、会社にやってくるのは月給を取りに来る時だけ。毎日出勤するする人は電話担当を担当する板原勝さんだけだという。
     ◎
 その板原さんによれば、同紙の発行部数は公称1千部。一世の高齢化に加え、駐在員の購読者数が減少傾向にあるようだ。外務省の海外在留邦人数調査統計では、日系企業進出は51社(13年10月時点)。今では亜国の日本商議所が年4回発行する会報が、情報の質も高く評判が高いといい、邦字紙の存在感が薄まっている様子だ。
     ◎
 年末の風物詩となって久しいリベルダーデ広場の餅つき大会。今年で44回目を迎える同大会だが、その起源については諸説ある。元ACAL会長の尾西貞夫さんによれば、1976年、NHKの年越し番組「ゆく年くる年」において当地から生中継するため企画、開催されたとか。確認してみると76年12月28日付けのパウリスタ新聞に開催の知らせが。しかし肝心の開催回数の記述がない。76年開始となると今回38回目のはず。ACALは「今回が44回目なのは間違いないこと」と断言。前年の75年の新聞にはそれらしい記事がなかったので現在それ年以前の餅つき大会の記事を捜索中。発掘され次第、真相をお伝えしたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年6月25日 大耳小耳  あるぜんちな丸で南米に渡った日本人移民を半世紀にわたり記録したドキュメンタリー番組の「完全版」が、日本時間の26日午前0時45分から3夜連続で、NHKの衛星放送(BS1)で放送される。1968年に南米各地へと渡った移住者を取材した番組「乗船名簿AR29」が放送され、その後も移 […]
  • 大耳小耳2019年6月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』第474号が4月に刊行された。《春雷の一喝に雨上がりたる》(秋村蒼一郎)からは、昔風の「怖いオヤジ」のような自然への畏敬と敬愛が感じられる。《老いの掌に三度叩きて蚊を逃す》(杉本三千代)には、電撃ラケットをお薦め。鈍る動きを文明で補う? 《人家埋めダムも決壊秋出水 […]
  • 大耳小耳2019年5月23日 大耳小耳  6月2日に「健康体操の日」「協会創立13周年」フェスティバルを主催するブラジル健康体操協会は、日本のNPO法人「全日本健康音楽研究会(齋藤千代子会長)」の伯国支部だ。これは中高齢者の健康増進を目的に、童謡やよく知られた楽曲に合わせストレッチ体操や気功体操を行うもの。ストレッチ […]
  • 大耳小耳2019年5月11日 大耳小耳  第442部隊は「テキサス大隊の救出」で救出した直後、当然のことテキサス大隊は抱き合って喜んだ。だが同大隊のバーンズ少佐が軽い気持ちで「ジャップ部隊なのか」と言ったため、第442部隊の少尉が「俺たちはアメリカ陸軍442部隊だ。言い直せ!」と激怒して掴みかかり、少佐は謝罪して敬礼 […]