樹海

 「最初はアルバイトのつもりだった。初出勤したら電話で僕を雇った編集長が亡くなってた。で、僕に白羽の矢が立ったわけ」。つまり、半世紀以上編集長を務めたわけだから、ギネスものではなかろうか。昨年11月に89歳で亡くなったアルゼンチンの邦字紙「らぷらた報知」の高木一臣主幹の入社時のエピソードだ(本日付け7面で訃報)▼コラム子が取材した2003年当時、78歳だったわけだが、そのエネルギッシュさには気圧される思いだった。ブエノスアイレスはラバージェ通りのアサード屋。話題も豊富で話上手とはいえ、6時間の問わず語り。隻眼で胃も腎臓も取っているというのに、ずっと肉を食べ続けていたのだから、その健啖ぶりに迫力さえ覚えた▼ラジオの日本語アナウンサーを務め、俳優としても知られ、加えて編集長と三足のわらじを履いていた。プライベートも拓大出身のバンカラ気質に溢れ、強盗に早代わりしたタクシー運転手を締め落としたというのだから恐れ入る▼亡くなる1カ月前まで、翻訳記事と社説「展望台」を書き続けた。12年前は2千部だったという同紙だが、現在は半減した。ブラジル同様、購読者も減っているのは当然とはいえ、今後の問題は編集体制だろう。編集長だった崎原朝一さんも、そのわずか6日前に80歳で亡くなった。現在、同紙は週2回発行を続けるが、日本人スタッフはわずか1人だという▼紙面はまだまだ日本語中心。対岸の火事とはどうしても思えない。創刊も本紙の前身パウリスタ新聞と同年だ。お隣コロニアの名物新聞人の冥福を祈るとともに、同紙の発行継続を祈りたい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • どこも異常な現在の南米2019年10月11日 どこも異常な現在の南米  5年以上続いている政治的混迷がボウソナロ政権以降にますます深みにはまっている伯国。だが、現在の南米を見ていると、おかしいのはこの国だけでないことがすぐわかる▼それはもちろん、マドゥーロ極左政権の暴走で国際的な孤立状態になって久しいベネズエラや、実業家出身の保守派大統領 […]
  • ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か2019年9月27日 ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か  24日の国連総会での演説を、ほぼ「極右大統領としてのプロパガンダ」に終始したボウソナロ大統領。国際舞台が期待していた「アマゾン森林保護対策」に関しては欧米諸国の期待に応えるどころか神経を逆なでしていたようにも見えた。だが「自分の政治ポリシーのアピールの場」にすることし […]
  • 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで2019年7月16日 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで  ペルーに6年住み、南米を取材して回った経験がある元朝日新聞記者、三山喬(たかし)さんの新著『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』(岩波書店)が手元に届き、パラパラと見ていて次の一文を見つけて、アッと唸った。  《世界のウチナーンチュ […]
  • “逆ロビン・フッド”なブラジルの年金制度2019年4月30日 “逆ロビン・フッド”なブラジルの年金制度  昨年の大統領選挙以来、なぜ世の中は、社会保障改革、社会保障改革とさわいでいるのか――。読者の多くもブラジルの年金を日々もらっているだろう。これが安定的に支払われるのかを心配する人もいるのではないか。実際にリオ州公務員は一昨年来、支払いが滞っている。  そこに見え隠れ […]