ホーム | コラム | 樹海 | コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?

コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?

コーヴァス市長(Gilberto Marques/Governpo de Sao Paulo)

 聖市市長のブルーノ・コーヴァス氏が癌を煩っていることがわかった。まだ39歳の若さでそんな大病になること自体、かなり驚きだが、これは聖州政界、そして所属の民主社会党(PSDB)にとって、予想だにしない衝撃だったに違いない▼それは同氏が、PSDBにとって手塩にかけて育てたい政治家であるためだ。同氏の祖父はマリオ・コーヴァス氏。過去に聖市市長、聖州知事を歴任し、PSDBの創設者のひとり。民政復帰後の大統領選でPSDBの大統領候補になったのもこの人だ。2001年に任期中に癌でこの世を去ったことで印象に残っている人も少なくない。PSDBの創設時の主要政治家で子孫で、目立つ政治家がいるのはコーヴァス家くらい。ブルーノ氏はその中で最大の有望株だ。その人に病魔が襲ったのだから、党の古株の関係者や支持者は気が気ではないだろう

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 伯国発見直後の或るユダヤ人=「パウ・ブラジル商人」の肖像=聖市ヴィラ・カロン在住 毛利律子2017年5月19日 伯国発見直後の或るユダヤ人=「パウ・ブラジル商人」の肖像=聖市ヴィラ・カロン在住 毛利律子  ブラジル北東部のペルナンブッコ州とアフリカ大陸の間の大西洋に、「フェルナンド・デ・ノローニャ島」という国内屈指の観光地として繁栄している群島がある。2001年に世界遺産リストに登録され、登録名は「フェルナンド・デ・ノローニャ諸島とロカス環礁の保護区群」である。  そ […]
  • リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係2018年12月11日 リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係  先週、「リベルダーデ区の建設現場から帝政時代の奴隷の人骨が発見された」とグローボTV局をはじめ、伯字メディアが盛んに報じた。ガルボン・ブエノ街の建物を取り崩し、商業ビルを建築するために地下を掘っていたら7体の人骨が出てきたという。  リベルダーデ(自由)広場の名前の […]
  • 《ブラジル》文協文化祭り=20日開幕、日本館と文協で=着物ショーなど多彩な8日間2017年5月20日 《ブラジル》文協文化祭り=20日開幕、日本館と文協で=着物ショーなど多彩な8日間  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が『第11回文化祭り』を開催する。20日~25日にサンパウロ市のイビラプエラ公園内日本館(Av. Pedro Álvares Cabral, Vila Mariana)、27、28日に文協ビル(Rua Sao Joaquim, […]
  • 《ブラジル邦字紙》 半世紀も選者を務めた星野瞳さんに感謝2016年12月24日 《ブラジル邦字紙》 半世紀も選者を務めた星野瞳さんに感謝  「もう年だから辞めようと思った」――ニッケイ新聞の俳壇の選者、星野瞳さん(本名=明、98)は残念そうに語った。「佐藤念腹に推薦されて、50歳ぐらいでパウリスタ俳壇の選者になった」というから、ほぼ半世紀も選者をしてきた。俳句は星野さんの人生そのものだ▼今までに幾つぐらい俳句 […]