ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=10

パナマを越えて=本間剛夫=10

 ボーイが入って来たので、立とうとすると、船長が「まあ、もうちょっと話しましょう。福田さんと話していると、私の郷里の訛があってたのしいんですよ」と云うので私も跳ね返すように云った。
「船長さんは、栃木でしょう。私も、です」
「それは奇遇だ。それにしても、このたびはご苦労さまです……。まあ、私の部屋へ、どうぞ」
 船長が私の胴巻きのことをいっているのだと思うと、私は思わず腹を撫でた。ずっしりと重い手応えがあった。
 船長が口を開いた。
「あなたの胴巻きはダイヤです。工業用の。それを軍に納めるのですが、横浜まで運ぶのがあなたの役目です」
 私は何か云おうとしたが声がつまった。……この重さのダイヤ……よほどの価値なのだろう。門外漢の私には、その価値は分らなかったが、なぜ武官もミナミ氏も胴巻きの中味を話してくれなかったのか。なぜ、私が運ばなければならないのか。船長が知っているのなら、なぜ、船長託送にしなかったのか。次第に湧く疑問で私は押し潰されそうになりながら、胴巻きの中味が不気味な未来を私に強いるのではないかと切迫した不安に口がきけなかった。
「なぜ、私が運ぶことになったのでしょう。船長にお頼みすればよかったのに」
 私は辛うじて武官と店長にいうべきだった抗議を船長に向けた。
「……わたしはね、本船に満載した軍需品を無事に運ぶ義務がある。あなたの荷物は小さいが、日本ではかけがいのない貴重なものです」
 船長はそこで口を閉じたが、再び話しはじめた。
「万一の場合、わたしが密輸のかどで外国に逮捕され、官憲に調べられるようなことがあると、事件は国際問題になります。正式な手続きを経ないで、持ち出したものですから明らかに密輸です。その品が本船で発見されると、わたしが責任をとることになる。今は、そういう時機なのですよ。あなたは、もう、わたしと一心同体なんです。あなたは民間人だ。民間人の密輸なら国際問題にはならない」
 私は、もう抗議どころではなかった。
 それにしても、もし私が逮捕されれば、私にも自尊心がある。密輸者の汚名に甘んじる覚悟はない。日光丸はもうオリンプスから二十浬、逃げるわけにはいかない。
「いいですか福田さん」
 船長は私を見据えた。
「ダイヤは、実は、商品ではないんですよ。ブラジルの軍部から武官が貰ったものです。ところで、それはブラジル産のものとはいえない。なぜかというと、隣国ボリヴィァとの国境の不明確なアマゾン源流の小さなせせらぎから採ったものですから、ボリヴィァ産かも知れない。だからブラジルは外国のものかも知れないものを、ひそかに、何らかの条件をつけて日本へ贈ったものです。ブラジルの軍部もおおきな賭博だ……」
「賭博……」
「そうですよ。万一、日米戦が始まってもブラジルは絶対中立を守るはずです。分りましたか。あなたはブラジルが好きだ。ブラジルの土になる人だ。だからわれわれはあなたを選んだ。福田さん、あなたはアマゾンから水晶とダイヤが出ることを知らない。ところが、日本からの調査団にあなたが加わっていたんだ。そうでしょう。通訳で」
 船長の口調が次第に親しみを増していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=107 (終)2015年6月30日 パナマを越えて=本間剛夫=107 (終)      ※『追記』※帰国して半年余りが過ぎた時、思いがけなくエスタニスラウから部厚い便りを受けとった。それには私のボリビア出国以後のゲバラに関する詳細が述べられていた。その大要を箇条書きで記すことにしよう。※ボリビアは一九六七年一月二十六日死刑を廃止しているが、ゲバラ殺害 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1052015年6月26日 パナマを越えて=本間剛夫=105 「読むわよ。わたしラパスの小学校出たんですもの」女は白い歯を見せて微笑んだ。 それから小一時間も話が弾んだ。ゲリラと軍の活動状況が聞き出せると考えたゲバラ一行はパンを頬ばり、カフェを呑みながらサンタクルース周辺の治安について突っ込んだ質問をつづけた。そのあとで女がいった。「 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1062015年6月27日 パナマを越えて=本間剛夫=106  彼らはボリビアで選ばれた青年六百五十人のレインジャーの緊急訓練を始めていた。この青年たちは十九週間訓練され、小銃や迫撃砲の撃ち方、装備のカモフラージュ、目標の位置の確認法、夜間移動者の足音、その他の聞きわけ、敵の待ち伏せ、自身の待ち伏せなどの要領などを教わる。 ゲバラはこ […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1032015年6月24日 パナマを越えて=本間剛夫=103  この移住地は戦後、日本政府の事業として成功した約百家族の日本人の集団地だった。そこまで行けばブラジル国内の山地も平野も道路が整備されていて二、三日でラパスに着ける。ロベルトは軍人としてゲバラ以上に大陸の地理には明るかった。「俺はアルトパラナからコチャバンバのペルー組と連絡 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1042015年6月25日 パナマを越えて=本間剛夫=104  すかさずゲバラは隙間から続けざまに拳銃を発射した。手ごたえがあって一人が「おおっ!」と叫んで前こごみに倒れ、一人はびっこをひきながら走り、乗ってきたジープに跳び乗って走り去った。ジープにもう一人の影があった。 倒れた男の胸を黒い血が染めていた。 ゲバラの数発の弾は肺と胸を […]