ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=88

パナマを越えて=本間剛夫=88

 いよいよコルンバを出発、国境を越えて汽車はボリビアへ入ったが、移民たちは目的地に近かずいた喜びと安心よりもショックの方が大きかった。サントス出発以来、西北に向かうにつれて周囲の風景は次第に「文明度」が薄くなり、国境を越えると、とたんにそれは大きな落差をもって低下した。通ってきたブラジルの田舎ではペンキがはげ、屋根瓦は古びた一軒屋であっても、建物はとにかく洋館だった。
 ところがボリビアに入ると屋根は椰子の葉を並べ、壁は椰子の幹を二つに割ったものをしばりつけ、窓はなく、文字通りの土人小屋に変わってきた。田畑は全く見えず、ただ茫々とした荒野がつづくばかりだ。夜は星の光と汽車の吐き出す炎いがいには明るいものは何一つみえない。
 最初の難関グランデ川では減水待ちのため二日も待機し、巾一キロメートルの川にかけられた仮橋を、男たちはロープで身を数珠つなぎにして渡った。こうしてサントスを出発してから十二日めやっとのことでサンタクルースの町についた。
 その夜は女や子供は駅のホームでトランクを枕に仮眠し、男たちは交替で荷物の不寝番に立って夜明けを待った。七月は乾期だから道路の状態はよかったので翌朝暗いうちにトラックを連ねてサンファンへ向かった。
 途中五十メートルほどの道は砂利が敷かれていたが、それからは急に道は悪くなった。乾季というのに深いわだちが縦横に走り、その中に水がたまり、中古のトラックは右に左に大きい穴ぼこを避けながら徐行してようやくピラィ河畔に着いた。河幅六、七百メートルのこの河を、男たちは全員裸になって河に飛び込み、横隊を組んでかけ声をかけながら足踏みして河底を固めた。それが終わるとトラックの通れる場所に二列のに木の枝を立てて目印にした。
 翌朝一時から十時にかけて八台のとらっくはどうやら三ファンまで十二キロメートル手前の小さな集落サンカルロスに着いた。休養と入植準備、それに天候待ちで一週間をインジオの家の土間ですごし、二十七日、いよいよ目ざすサンファンへと出発した。
 地域最大の町サンタクルースでも八台のトラックを揃えるのに苦労したが、トラックはこの先へは進めないと、ここから引き返した。戸数わずか五〇戸の村落でトラックを雇うのは不可能に近い。ようやく一台を頼んで、残りの荷物は二頭と四頭引きの牛車に乗せて出発した。
 戸数十戸余のリディア、五、六戸のインへニオを過ぎると、その先には人家はない。
 リディアを過ぎる頃から雨が降りはじめて、きこりか獣が通るような細径は文字通り泥の径で、みな牛車の間を一列になって歩いた。雨にけむる原始林をくぐり抜けるこの一行の姿は正に「難民」だった。
 若槻氏は、この時の「難民」から聴取した話しを丹念に以上のように書き記している。
 入植地までの苦行はまだつづくが、これまでの記述で、ゲバラが選んだ革命運動の中心地となったこの周辺地域の環境の大要は想像に難くないだろう。
         ◎
 私はサンファンに行くにあたって戦前からラパスで商業を営んでいる数名の古老たちにサンファン周辺の地理的環境、住民の生活状況を聞いて廻ったが異口同音「ひどいジャングルの中で、今でもあそこまで行くのは危険だ」という。また古老たちは、この西川移民のその後について話してくれた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=862015年5月26日 パナマを越えて=本間剛夫=86  農業担当官はブラジルに駐在したことがあり、私が戦後二度目の旅行の際、サンパウロで日本人移住者の候補地選定に動向した間柄だったことを知って親しみが湧いた。彼はボリビアの底地ジャングルに新設されたサンファン移住地の農業指導者として駐在しているのだといった。 食卓を囲みながら、 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=872015年5月28日 パナマを越えて=本間剛夫=87         4 一九五四年、日本外務省はボリビアに対して移民の可能性を調べるため調査団を派遣した。彼らは二週間の調査ののちサンタクルース地方を選び、それから北西百三十キロのサンファンの土地を購入することになった。 この頃、企業家で海外からの引揚者西川利道は小規模精糖機械 […]
  • 東西南北2018年1月30日 東西南北  ブラジル電信インフラ協会が先頃、サンパウロ市内における携帯電話のつながりの良い地区と悪い地区の上位10カ所を発表した。それによると、最もつながりやすいのは1位のセー(セントロ)、2位のモルンビーと、10位までは全てセントロと西部地区で占められた。逆に最も悪いのは1位のシダーデ […]
  • 東西南北2017年3月15日 東西南北  13日未明、サンパウロ市北部ヴィラ・マリアで、住人のジヴァウド・ドス・サントス・モレイラさん(46)が、近隣で行われていたファンキのパーティで発射された銃弾を頭に受けて死亡した。ジヴァウドさんはパーティ参加者ではなく、1階がバーになっている建物の2階の住人に過ぎない。だが、運 […]
  • W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭2015年11月19日 W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭  サッカーのワールドカップ南米予選は18日に第4節を終えたが、ブラジル・セレソンは現時点で勝ち点7、得失点差3で3位につけている。 第4節終了時点での順位は以下のとおりだ。1位エクアドル、2位ウルグアイ、3位ブラジル、4位パラグアイ、5位チリ、6位アルゼンチン、7位コロンビア、 […]