ホーム | 日系社会ニュース | ロンドリーナ=見真塾の第3回同窓会=思い出話に花咲かせ
集まった同窓生ら
集まった同窓生ら

ロンドリーナ=見真塾の第3回同窓会=思い出話に花咲かせ

 パラナ州ロンドリーナ(以下ロ市)で最も古い日語塾として知られる「見真塾」の卒業生が昨年11月9日、市内のレストラン「兜」で同窓会を行なった。前年に続き第3回目となった同窓会には、家族らも合わせて約50人が出席して賑わった。
 同塾は1947年、故中村通之氏がマリリアからロ市へ家族移住した頃に開設した。マリリア時代に中村氏は伯国小学校教員試験に合格しており、その手腕を生かすため、また「真理に生きる学習塾」という願いを込め「見真塾」と名付けたという。
 18人の寄宿生からスタートし、翌年には40人、翌々年には60人まで増加した。53年には寄宿生97人、通学生は計150人にまでなったが、木造校舎が放火によって全焼する憂き目に遭い、寄宿生の半数が西本願寺に身を寄せることになった。しかし父兄らの再建努力によって短期間で新宿舎、講堂が完成。存続の危機を乗り越え今日に至っている。
 第1回目の同窓会は、中村夫妻が健在だった58年に行われ、第2回は西村鉄雄、大本ひろ子両氏らの呼び掛けにより13年10月、レストランまつりで行なわれた。半世紀を経て白髪になった同窓生達だったが、当時から色褪せない思い出話に花を咲かせた。
 今回の第3回目には前回同様、ロ市名誉市民章を受章した江頭美氏や、伯銀支店を日本に開設して7年間支店長をつとめた橋爪征四郎氏も顔を見せた。
 一同は学童時代の思い出話で賑わい、カラオケ、福引、ビンゴなどに講じて更に親交を深め、来年の再会を約した。(ロンドリーナ通信員 中川芳則)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す2019年11月8日 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す  ブラジル岩手県人会(千田曠暁(ちだ・ひろあき)会長)は、台風19号で大きな被害が出た岩手県に、見舞金として12万円を贈った。  10月22日に行われた即位の礼に参列するために訪日した菊地義治県人会名誉会長が、岩手日報社を訪れて東根千万億(あずまね・ちまお)代表取締役社長に手 […]