ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 文協大講堂の改修により、会場変更を余儀なくされた藤間流日本舞踊学校による第54回踊り初め。来場者からは「体育館を改修して、思ったよりも立派な会場になっていた」「大講堂でやればもっと踊りが映えたと思う」といった意見が。会主の芳誠さんは「お客様から『雰囲気が出ていて普通よりも良かった』といった好評を頂いた。時間通り進行でき、空調も効いていて環境も良かった」と、思いがけない好影響もあったよう。
     ◎
 また文協・木多喜八郎会長は大講堂の屋根改修に関し、「2月10日前後まで予定する。同月末までには聖州に消防法に適用した建物だと報告しなければいけないため、この時期に取り掛かることを避けられなかった」と話している。閉鎖すること自体が難しい大講堂。何かしらの影響は出てしまう状況だったようだ。
     ◎
 修養団の志村和也さん(33)は、大学卒業後、地元山梨の企業に就職するも「自分にはもっと出来ることがあるのでは」と思い退職。一時は消防士を目指したが、アルバイト先で出会った同団体員からフィリピンの貧困児童の現状について聞き、修養団主催の現地ボランティアに参加。ゴミの山で物を拾い生活する少女らの姿に大きな衝撃を受けた。同団体の活動に感銘を受けた志村さんは、その後見聞を広めるため、世界一周旅行。帰国後、富士山ガイドを経て修養団に就職し、講師となったという若いバイタリティの持ち主。講演を聞いた子供たちは何を感じるだろうか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯して伯国中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこで募 […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]
  • 大耳小耳2019年7月26日 大耳小耳  ブラジル日系熟年クラブ連合会の機関誌『ブラジル老荘の友』545号を見ていたら、羨ましい話が出ていた。毛利ペドロさんの投稿によれば、妻と二人で金婚旅行に日本45日間めぐりをしたという。下関でフグ料理、富山でホタルイカ、宮城県の松島ではイカやカキ、北海道の函館ではタラバガニやイク […]