樹海

 出産の時以外入院した事がなく、大きな病気やケガはした事がないのがある意味で自慢だったのに入院・手術となり、会社も休んでから1年過ぎた。3年一巡りで使っている情報記録用の手帳には、昨年1月12日の骨折後、13日入院、14日手術、15日退院と左手で書き込まれている▼いつも身近にある手帳を見て、退院後は無事に過ぎたと改めて感謝すると共に、コロニアでも知られる名曲「ふるさと」の中の「恙無しや友がき」という歌詞に思いが至った▼「恙」は病気や災難を意味し、「友達も皆元気だろうか」と思いをめぐらす箇所だ。自分自身はこの1年「恙無く」過ぎたが、恩師や知人、同僚の訃報にも接した。反対に、近しい人達の間での新しい命の誕生や成長という喜ばしい知らせもあったし、流産を経験した女性が再び命を宿し、伴侶が気遣っているとの話も聞いた▼大正3年に文語体で書かれた「ふるさと」には、「兎追いし」の箇所を「兎がおいしい」の意味だと思っていたという笑い話のような話もある。昔覚えた曲の中には、意味もわからず歌っていたが今になってその意味や情景がわかり、改めて歌詞が心に沁みるものも多い。言葉の美しさやその重さを思うと共に、何十年も離れていた祖国に帰り、「ふるさとは遠くにありて思ふもの」という室生犀星の詩の言葉を実感したと話していた人の事も思い出す▼昔を偲び「あの頃はよかった」を連発する人もいるが、美しい思い出や人間関係を大切にする事と、過去に囚われ現状に目をつぶる事は違うはず。手帳を閉じながら、過去の傷や痛みがあっても前を向き、「今」を生きなければとも思わされたひと時だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?2019年11月1日 コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?  聖市市長のブルーノ・コーヴァス氏が癌を煩っていることがわかった。まだ39歳の若さでそんな大病になること自体、かなり驚きだが、これは聖州政界、そして所属の民主社会党(PSDB)にとって、予想だにしない衝撃だったに違いない▼それは同氏が、PSDBにとって手塩にかけて育てた […]
  • スーパーエルニーニョと大災害2019年10月31日 スーパーエルニーニョと大災害  風台風15号と雨台風19号による被害が続いた日本。1日も早い復旧を願わされる中、28日にスーパーエルニーニョと地球温暖化に関する記事を読んだ▼エクアドルに近い赤道付近の海面水温が平年より高い状態が1年以上続き、世界各地で大雨や干ばつなどを引き起こすエルニーニョ現象。だが、ハワ […]
  • 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」2019年10月29日 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」 ブラジル沿岸部における史上最悪の環境破壊  想像してほしい。たとえば故郷の美しい海岸の見渡すかぎりが、真黒な原油の塊でベトベトになっている様子を…。そこでは人はもちろん、鳥もウミガメも、魚すらも汚染され、次々に健康を害していく。  8月30日に最初の原油漂着が発 […]
  • 南米にもジョーカー君臨か?2019年10月25日 南米にもジョーカー君臨か?  ここ数カ月、世界中を激震させるような抗議行動が連鎖反応のように起こっている。香港、レバノン。そして南米でもエクアドルとチリで民衆と政府が激しく激突した。こうした状況を見て、「もしかして、ジョーカーは時代を予見したのか」「実在して、世界を混沌に陥れているのではないか」。 […]