ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=15

パナマを越えて=本間剛夫=15

「やあ、よくお休みになれましたか」
 私を激しくたしなめた昨夜の船長の表情はなく、客に対する丁重な口調に変わっていた。私は熟睡できなかった。コーチの鼾で、幾度か眼をさまされては、そのたびに腹を撫でて胴巻の安全を確かめた。
 食後、甲板に出た。海はおだやかに凪いて、鴎が数羽、船の前後を行ったり来たり翔んでいた。陸地が近いのだろう。鴎をみあげると、殆ど羽ばたかず、ゆっくり船について来た。ふと、あの鴎になれたら、と思った。長さ百二十メートル、幅十七メートルと限られた船体にあと一カ月、この不安と緊張でとじこめられるのかと思うと、鴎の自由さが羨ましかった。
 ベレンを出て十日が過ぎた。もう二、三日でパナマに着く。毎日、正午には、事務室と船長室に通じる通路の掲示板に貼った地図に航跡を示す赤線が引かれる。昼食を終わった甲板員や機関部員はその地図の前に集まって日本への距離をを目測する。赤線といっても、地球の何万分の一にすぎない海図で、時速八ノットという貨物船の一日の航程を示すのは赤インクの点にすぎない。それでも家族の持つ母国に向かって近ずきつつある感じは、彼らに慰めと期待を与えるのだろう。私もその海図を見るのが楽しみで、赤線が少しでも伸びていくのが悦しく、その前を通るたびに立ち停まって見詰めている。
 航海図の赤線は神戸から南シナ海、インド洋、アフリカ、大西洋を経て南米の南端につづき、再び北上してアマゾン河口からカリブ海の島々を転々し、パナマに近ずいている。船員たちは神戸を出てから、もう四カ月になろうとしていた。パナマを経て太平洋に出てからでも、横浜まで、たっぷり一カ月はかかるだろう。
 明朝は大西洋側のコロンに入るという夜、いつもは、どこにいるのか分らないコーチが珍しく鉱石ラジオを耳にあてていた。彼は私と殆ど口を聞かなかった。恐らく、他の誰ともそうなのだろう。相手がそうなら、とこっちも頑なになっていた。
 彼はボリヴィアから、なぜ、ペルーに出てリマかカリャオから乗船しなかったのだろう。南米の西海岸には、川崎汽船が運航しているのに。
 ふと、私は、日光丸がベレンを出た夜、小舟を操って下って来た男がコーチではなかったかという、パズルの解答を見つけたようなものを感じた。もし、乗組員なら、勝手のわからない外国の川を、それも暗闇の中を小舟で来られる筈はないからだ。船長やパーサーは日光丸が遡航したのを私が知らないと思っているのだろうか。そうかも知れない。もし、そうでなければ、コーチがあの夜の男だったと話してくれても良さそうだ。私は化けの皮を剥がしてやろうと、いたずらっぽい着想が湧いたのに快よさを覚え始めた。
 コーチがパーサーと一緒に入って来た。
「いよいよ明日はコロンですね」
 コーチは珍しく晴々とした口調だった。
「明朝、六時です」と答えてから、
「運河守備隊の検査があります。それよりも運河を通すかどうか、ちょっと心配ですがね。一応、コロンで給油が受けられるか連絡しときました。まだ返答はありません。補給しないとなれば運河を通さないでしょう。しかし、靖国丸には警備だけで検査はなかったようです。もしもの場合には南洋のパラオまで油も水もあります。残念ながら、カルタヘナの綿花は諦めます」
 船長はコーチと丁重な口調で話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=107 (終)2015年6月30日 パナマを越えて=本間剛夫=107 (終)      ※『追記』※帰国して半年余りが過ぎた時、思いがけなくエスタニスラウから部厚い便りを受けとった。それには私のボリビア出国以後のゲバラに関する詳細が述べられていた。その大要を箇条書きで記すことにしよう。※ボリビアは一九六七年一月二十六日死刑を廃止しているが、ゲバラ殺害 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=842015年5月21日 パナマを越えて=本間剛夫=84 「生活費は必ず送金する。決して心配しないでくれ。子供たちも成長すれば、それぞれの方向に進むだろう。それまでは親の勤めだから、きっと送金する。おれ一人で行かせてくれ」 私は家内の納得につとめる傍ら秘かに旅券の手続きを終えて、伊原氏と会合を重ねていた。伊原氏はゲバラの活動の成否 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=912015年6月3日 パナマを越えて=本間剛夫=91  私は驚いて男の顔を見つめた。濃い髭ずらのエスタニスラウなのだ。懐かしいポルトガル語だ。彼は私の肩を抱いて髭ずらを私の頬にこすりつけた。私は直感した。エスタニスラウがここにいるなら、ゲバラもここだ。次の瞬間、小心な私は身の危険を感じた。私は旅商にエスタニスラウをブラジルの友 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=862015年5月26日 パナマを越えて=本間剛夫=86  農業担当官はブラジルに駐在したことがあり、私が戦後二度目の旅行の際、サンパウロで日本人移住者の候補地選定に動向した間柄だったことを知って親しみが湧いた。彼はボリビアの底地ジャングルに新設されたサンファン移住地の農業指導者として駐在しているのだといった。 食卓を囲みながら、 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=832015年5月20日 パナマを越えて=本間剛夫=83  私はためらいながら、「そのことなら、ゲバラと会っています」とエスタニスラウ杜の会談のもようを話すと、大使は「そうだったのか」と大きく頷いた。 私には三人の子がいた。一人は中学、二人はまだ小学生だった。すぐにも快諾の返事をしたかったが咄嗟のことで即断できなかった。心は焦った […]