ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=16

パナマを越えて=本間剛夫=16

 私は数日前まで船長はじめパーサーも機関長も、この男を殆ど無視していると考えていた。今日まで船長らとコーチとの対話らしいものを聞いたことがなかったのだが、今日のコーチが鷹揚に備えて船長の話しに合槌を打っているのを見ると、自分の人を見る態度が浅はだかったことが反省された。
 その会話でアメリカの対日姿勢が相当緊張しているらしいことを始めて知らされた。運河警備隊が日光丸に乗り込んで来れば、船員や先客の身体検査が当然あるに違いない。すると、胴巻きはどうなるか。どうすればいいのか。私は食事どころではなく焦った。
 私がブラジル人だとしても、インボイスのない大量のダイアは没収だ。ダイアを持たずに日本へ行くのは不可能だ。私を信じ、選んだ人たちに対して、何としても生きて、この任務を全うしなければならない。船長たちは明日のことについて、何か話し合っていたのかも知れないが、何も耳に入らなかった。気がつくと、食堂を出て行く機関長とコーチの背が見えた。
「私の部屋へいらっしゃい」
 船長はそういって私を部屋に入れた。今日も異臭が漂っていた。この前の時よりも匂いが強かった。
「臭いでしょ。薬湯です。航海が長くなると発疹が出て、かゆくて閉口です。一種の航海病ですな。それには、この薬湯が効くというので、ひまさえあればあびてるんですよ」
 船長は私が眉をひそめたのを見たのだ。そういいながら両手を見せた。両方の掌に無数の細かい水泡があって、軽いかさぶたで腫れていた。
「この通り、いや、つらいですよ。気のせいか、ぬるま湯に浸しておくとかゆがみが遠のくので」
 と船長はカーテンのむこうに入った。
「いいですか。船長の金庫だけは戦時以外には誰も開けられない。国際航海規則です。外国にある大、公使館の治外法権と同じです。でも、こんな時節ですから相手は何をするか分ったものじゃない。ですから、ダイアはあなたに持って貰わなければならない。あなたはブラジルの学生だ。発見されても密輸だけですむ。いいですね。金庫の検査は必ずあると思わなければならない。とにかく、あなたはブラジル旅券だけを身につけておけばいい」
 船長は私に同情をこめた視線を向けた。私は遂に追い詰められた憐れな自分を、冷たく眺める気分で聞いていた。船長がいうのに私と同年、いや、もっと若い青年たちが戦っているのだ。自分も戦わなければ……。それは日本人としての使命だ。もし、ダイアが没収されたら、死以外にない。次第に冷静になっていく自分を頼もしく思った。
 その時、それは正しく天啓のように脳裏を閃光が走って、私は叫んだ。
「船長! この風呂を貸して下さい」
 私は船長の眼の前でシャツをたくし上げ、胴巻をほどいて、それをぐるぐる巻きにして球状にした。続いて旅券をポケットから取り出したが、これは濡れては困る。すると、呆然と私の所作を見ていた船長が「そうだ!」
 と、す早く傍らの抽出しから小さな四角の紙袋をつまみ出した。コンドームだ。船長はそれを口にあてて頬をふくらませた。それを何度もつづけると、ゴムは棒状に伸びて風船のようになった。船長は顔を真赤にして吹きつづけると、ゴムはピンと張って膨張の極限に達した。船長は暫くそのままにして置くとゴムはぶよぶよとだらしのない袋になった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=107 (終)2015年6月30日 パナマを越えて=本間剛夫=107 (終)      ※『追記』※帰国して半年余りが過ぎた時、思いがけなくエスタニスラウから部厚い便りを受けとった。それには私のボリビア出国以後のゲバラに関する詳細が述べられていた。その大要を箇条書きで記すことにしよう。※ボリビアは一九六七年一月二十六日死刑を廃止しているが、ゲバラ殺害 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1052015年6月26日 パナマを越えて=本間剛夫=105 「読むわよ。わたしラパスの小学校出たんですもの」女は白い歯を見せて微笑んだ。 それから小一時間も話が弾んだ。ゲリラと軍の活動状況が聞き出せると考えたゲバラ一行はパンを頬ばり、カフェを呑みながらサンタクルース周辺の治安について突っ込んだ質問をつづけた。そのあとで女がいった。「 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1062015年6月27日 パナマを越えて=本間剛夫=106  彼らはボリビアで選ばれた青年六百五十人のレインジャーの緊急訓練を始めていた。この青年たちは十九週間訓練され、小銃や迫撃砲の撃ち方、装備のカモフラージュ、目標の位置の確認法、夜間移動者の足音、その他の聞きわけ、敵の待ち伏せ、自身の待ち伏せなどの要領などを教わる。 ゲバラはこ […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1032015年6月24日 パナマを越えて=本間剛夫=103  この移住地は戦後、日本政府の事業として成功した約百家族の日本人の集団地だった。そこまで行けばブラジル国内の山地も平野も道路が整備されていて二、三日でラパスに着ける。ロベルトは軍人としてゲバラ以上に大陸の地理には明るかった。「俺はアルトパラナからコチャバンバのペルー組と連絡 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1042015年6月25日 パナマを越えて=本間剛夫=104  すかさずゲバラは隙間から続けざまに拳銃を発射した。手ごたえがあって一人が「おおっ!」と叫んで前こごみに倒れ、一人はびっこをひきながら走り、乗ってきたジープに跳び乗って走り去った。ジープにもう一人の影があった。 倒れた男の胸を黒い血が染めていた。 ゲバラの数発の弾は肺と胸を […]