ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=17

パナマを越えて=本間剛夫=17

 船長は私の手から菊花紋章のついた旅券をとって、その袋に入れ、終りに手際よく両端を結んだ。その瞬間、私はブラジル人になった。正真正銘の。ブラジル旅券を開くと、

《国籍》   ブラジル共和国
《出生地》  ブラジル国オリンプス市ボア・ヴィスタ街223番地
《生年月日》 1912年6月21日
《職業》  ナシ・学生

 その他、両親の姓名、身長、体重など、旅券の記載事項を満たしてある。
「いいですか。あなたは日本の銀行へ勉強にいく。滞在一カ年」
 船長は旅券に記された項目を暗記しておくようにと念を押した。
「あり難うございました」
「人事を尽くして天命を待つ、ですか」
 船長が呟いた。
「万一の時、帯を風呂桶に投げ込みます。私はブラジル人ですから船長とは関係ない」
 私は先ほど船長からいわれたことと同じことを、反対に私の方から繰り返した。ただ一つ、旅券を一緒に沈めたことだが、そうするより他に適当な方法が考えられなかった。……なるようにしかならない。船長がいうように最後の腹を決めることだ。
「ありがとうございました」
 重ねて礼をいって船長室を出て、自分の部屋には戻らず甲板に出た。手摺に凭れて静かな海面を見詰めた。いざ!という時には跳びこむ、泳ぎには自信がある。陸地は近い。私はふと、海に跳び込んでアメリカに密航した力行会の先輩たちの行動を思い出した。
―俺にも出来ないことはない。言葉には不自由しない。食べるだけは食べていける。チャンスを見てブラジルへ戻ればいい。私は平静な自分に戻っていた。その時、背後で人声がした。
「静かなもんだね。戦争なんて、どこにあるんだろうって感じだね。きれいな星だ。嵐の前の静けさっていうのかな」
 その声はコーチだった。
 柄にもなく、きざなこという奴だと、私は態(わざ)と答えなかった。―こんな奴に星空の美しさを讃える繊細な感覚があるというのかー
「大丈夫だよ。心配するなよ」
 だみ声を残してコーチは舳の方へゆっくり歩いて行った。心配するな、と確信をもったような口ぶりには、何となく重みがあった。ずんぐりと肩幅が広く、脚の短いコーチの後ろ姿を見送りながら、ふと、彼が船長のいう商人ではなく、私の想像を越える仕事を持って、何か一つの目的に相当な経験と見識をなければ、船長の彼に対する慇懃(いんぎん)さは不自然ではないか。夜のプラタ川を一人で下って来た得体の知れない男……。彼は私の胴巻を知っているのだろう。知っている筈だ。でなければ「心配するな」などと伝えるわけがない。私は彼のあとを追って舳の方へ廻ろうとすると、低い声が聞こえた。

   鞭声粛々 夜 川を渡る 暁に見る
   千兵の大牙を擁するを……

 コーチは月に向かって川中島を吟じているのだった。それは低音で力強く響いた。そうだ。日光丸は紛れもなく、カリブの海を粛々と渡っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=107 (終)2015年6月30日 パナマを越えて=本間剛夫=107 (終)      ※『追記』※帰国して半年余りが過ぎた時、思いがけなくエスタニスラウから部厚い便りを受けとった。それには私のボリビア出国以後のゲバラに関する詳細が述べられていた。その大要を箇条書きで記すことにしよう。※ボリビアは一九六七年一月二十六日死刑を廃止しているが、ゲバラ殺害 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1052015年6月26日 パナマを越えて=本間剛夫=105 「読むわよ。わたしラパスの小学校出たんですもの」女は白い歯を見せて微笑んだ。 それから小一時間も話が弾んだ。ゲリラと軍の活動状況が聞き出せると考えたゲバラ一行はパンを頬ばり、カフェを呑みながらサンタクルース周辺の治安について突っ込んだ質問をつづけた。そのあとで女がいった。「 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1062015年6月27日 パナマを越えて=本間剛夫=106  彼らはボリビアで選ばれた青年六百五十人のレインジャーの緊急訓練を始めていた。この青年たちは十九週間訓練され、小銃や迫撃砲の撃ち方、装備のカモフラージュ、目標の位置の確認法、夜間移動者の足音、その他の聞きわけ、敵の待ち伏せ、自身の待ち伏せなどの要領などを教わる。 ゲバラはこ […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1032015年6月24日 パナマを越えて=本間剛夫=103  この移住地は戦後、日本政府の事業として成功した約百家族の日本人の集団地だった。そこまで行けばブラジル国内の山地も平野も道路が整備されていて二、三日でラパスに着ける。ロベルトは軍人としてゲバラ以上に大陸の地理には明るかった。「俺はアルトパラナからコチャバンバのペルー組と連絡 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1042015年6月25日 パナマを越えて=本間剛夫=104  すかさずゲバラは隙間から続けざまに拳銃を発射した。手ごたえがあって一人が「おおっ!」と叫んで前こごみに倒れ、一人はびっこをひきながら走り、乗ってきたジープに跳び乗って走り去った。ジープにもう一人の影があった。 倒れた男の胸を黒い血が染めていた。 ゲバラの数発の弾は肺と胸を […]