ホーム | コラム | 樹海 | ブラジルの平均賃金を超える中国の勢いと影響

ブラジルの平均賃金を超える中国の勢いと影響

 14年12月6日付エスタード紙に「中国人の給与は伯人を超える」との記事が出た。安くて大量の労働力が売りだった中国だが、96年に498元だった平均給与が4200元(613ドル)まで上昇。この調子で上がれば、16年までに伯国を超えるのは確実との内容だ▼同月20日に武蔵大学(東京)が開催したシンポ「東アジアにおける人の移動と相互理解の深化」(私立大学戦略的研究基盤形成支援事業)に招へいされ、中国の変化を実感した。特に中国人力資源和社会保障部労働科学研究所の李天国主任研究員の発表は衝撃的だった。12年は前年比で労働人口が345万人減少とし、「減少が始まったのは02年で、一人っ子政策が開始した1982年からちょうど20年後。その世代が子供を産み始める時期だった」と解説した▼李さんは「政府は政策的に最低賃金を04年から毎年平均13%上昇させてきた」とし、一番高い上海などの沿海部から、安い労働力を求めて工場が内陸部やベトナム、ミャンマーなどへ大挙移動中と指摘した▼中国政府の大学入学枠急増政策で、大卒者が大衆化して就職難に直面中とも。つまり、労働力が激減する中、賃金が高騰、大卒者が激増して、工場で最も必要とされる単純労働者が激減し、取り合いが激化している▼そのあおりで日本の技能実習制度への希望者が激減したとも。中国国内で日本と同額が稼げるようになって訪日メリットが薄れ、「研修生ビジネスが難しくなっている」と報告した。風が吹けば桶屋が儲かる―ではないが、東京五輪を控えた日本で中国人実習生が激減すれば、伯人デカセギ需要は増加しそう?!(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]
  • 良い知らせを伝える者の足は2019年11月14日 良い知らせを伝える者の足は  4日付の伯字サイトで「良い知らせだけ」というサイト(http://www.sonoticiaboa.com.br/)に関する記事を読んだ。ジャーナリスト歴30年で、殺人や汚職などの悪い知らせばかり報じる内に胃を患い、良い知らせだけ流そうと決めた男性の話だ▼「肉体的な問題ではな […]
  • ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?2019年11月12日 ルーラ釈放は最高裁が悪いのか?  ブラジル最高裁が7日、「2審有罪で刑執行」派が5対6で「刑執行反対」派に負けた。これを受けてルーラ元大統領が釈放され、世間がざわついている。ムリもない。ところが、グローボTV局はあえて大騒ぎせず、「なにか裏にあるのでは?」とかえって不気味な雰囲気を醸し出している。 […]
  • むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動2019年11月8日 むしろ「暴動」を煽りかねないボウソナロ政権の言動  「ボウソナロ政権は、むしろチリのような民衆暴動が起こってほしいのか」。ここ2週間くらい、同政権からは耳を疑うような言動が連発で、そう首を傾げざるを得ない▼その突破口を切ったのは大統領三男のエドゥアルド氏、そしてアウグスト・エレーノ大統領府安全保障室(GSI)長官の「チ […]