樹海

 アルゼンチンの戦前移民の女性宅に食事に招かれたことがある。移住以来、日本に帰ったことがなく、「食事も現地のものばかり。口に合うかどうか」と恐縮気味。何を作っているのかと尋ねると、「日本語でなんと言ったらいいのかしら…」と首をかしげ、思いついたように「そうそう、西洋うどんよ!」。何だろうと考え込んでいると、出てきたのはスパゲティだった▼ブラジルでもかつての移住地では、「コロニアうどん」といって、安価なスパゲティを出汁に入れて食べていたという。製麺業者が出てきて、輸入の乾燥うどんも簡単に手に入る今、食べる人はいないだろう。試してみたが、味も食感も違うし、うどんへの郷愁高まる移民の代替食にしか過ぎないという印象だ▼話を中華麺に変える。リベルダーデでも何種類かあるにはあるが一玉あたりの値段は高いし、味もイマイチ。そんなおり簡単に中華麺を作る魔法を聞き、早速試してみた。スパゲティをゆでるとき、塩と同量の重曹を入れるだけ。これが不思議なことに、かなり近くなる。色々な種類で試しているが、カッペリーニの冷やし中華がお気に入りだ▼日本では最近、小麦粉や水、塩を放り込めば、自動的に様々な麺が出てくる機械が販売されている。あらゆる麺が簡単に入る日本では、受けないような気がするが、在外日本人向けにPRできれば反響は大きそうだ▼さて、サンタクルスで週末だけ開けていた讃岐うどんの店が近々リベルダーデに開くらしい。コロニア最初の日本食屋は、うどん屋だった。長く、うどん専門の店がないだけに、時代は廻るといったところか。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • どこも異常な現在の南米2019年10月11日 どこも異常な現在の南米  5年以上続いている政治的混迷がボウソナロ政権以降にますます深みにはまっている伯国。だが、現在の南米を見ていると、おかしいのはこの国だけでないことがすぐわかる▼それはもちろん、マドゥーロ極左政権の暴走で国際的な孤立状態になって久しいベネズエラや、実業家出身の保守派大統領 […]
  • ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か2019年9月27日 ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か  24日の国連総会での演説を、ほぼ「極右大統領としてのプロパガンダ」に終始したボウソナロ大統領。国際舞台が期待していた「アマゾン森林保護対策」に関しては欧米諸国の期待に応えるどころか神経を逆なでしていたようにも見えた。だが「自分の政治ポリシーのアピールの場」にすることし […]
  • 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで2019年7月16日 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで  ペルーに6年住み、南米を取材して回った経験がある元朝日新聞記者、三山喬(たかし)さんの新著『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』(岩波書店)が手元に届き、パラパラと見ていて次の一文を見つけて、アッと唸った。  《世界のウチナーンチュ […]
  • “逆ロビン・フッド”なブラジルの年金制度2019年4月30日 “逆ロビン・フッド”なブラジルの年金制度  昨年の大統領選挙以来、なぜ世の中は、社会保障改革、社会保障改革とさわいでいるのか――。読者の多くもブラジルの年金を日々もらっているだろう。これが安定的に支払われるのかを心配する人もいるのではないか。実際にリオ州公務員は一昨年来、支払いが滞っている。  そこに見え隠れ […]