ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 干ばつなのにデング熱?=聖州内陸部での流行を確認

こちらの記事もどうぞ

  • 13日は蚊の「Xデー」=デング熱患者48%増加2016年2月13日 13日は蚊の「Xデー」=デング熱患者48%増加  13日は軍兵士も動員し、全国的なネッタイシマカ撲滅キャンペーンが行われるが、11日の保健省の発表によると、1月3~23日にデング熱と診断された患者は昨年同期比48%増の7万3872人で、昨年以上の流行となる可能性が高い事が明白になったと12日付伯字紙が報じた。 15年のデング […]
  • リオ=防蚊対策に興味の国外報道陣=国内メディアを超える数の国外メディアが会見に参加2016年1月28日 リオ=防蚊対策に興味の国外報道陣=国内メディアを超える数の国外メディアが会見に参加  リオ・デ・ジャネイロ市のサンバ会場〃サプカイ〃で26日、同市保健局スタッフが殺虫剤を散布、その後に記者会見も行われたが、ブラジルのジカ熱、デング熱の脅威は世界的に報道されており、会見にはブラジル人記者よりも外国人記者の方が多く詰め掛けた。 記者会見の会場には米国CNNやNBC […]
  • デング熱などを予防するための対策強化について語るハダジ市長(César Ogata/SECOM)2015年2月14日 聖市=デング熱対策を強化=渇水危機と暑さの副産物=水不足の地域で蔓延の皮肉  【既報関連】聖市保健局が12日、1月に確認されたデング熱患者は220人で、81人だった昨年より171%増え、水不足が深刻な北部に発生率が高い地区が多いと発表したと13日付伯字紙が報じた。デング熱が原因と思われる死者も1人いる他、感染が疑われる患者も、昨年の2倍弱の1368 […]
  • 東西南北2016年2月11日 東西南北  統計上の罹患者の数字も増え、心配される伯国での小頭症児について、聖州保健局が発表した最新データによると、15年11月以降、州内53市で小頭症が疑われる症例が報告されており、その総数は126人に上るが、25人はジカ熱との関係はなかった。症例最多は聖市の17人で、グアルーリョスの […]
  • デング熱 ジカ熱=リオ五輪来伯者は要注意!=日本にウィルス〃輸出〃?=世界に拡散する可能性も2016年1月21日 デング熱 ジカ熱=リオ五輪来伯者は要注意!=日本にウィルス〃輸出〃?=世界に拡散する可能性も  米国当局は15日、中南米地域でのジカ熱感染拡大を受け、妊娠した女性に対し、カリブ海や中南米14カ国への旅行を避けるよう警告した。2月初めのカーニバル期間に北東伯を訪れる観光客が地元に持ち帰り、それが8月のリオ五輪を通して全世界に拡散する可能性が一部専門家から指摘されている。日 […]