ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 伯将棋連盟総会の会計報告では支部の存在が焦点となった。全盛期には全伯各地域に30余の支部が存在し、年会費を納めていたが、近年その大多数の支部から支払いが行われていないとか。会員からは「支部に会計報告書を送って欲しい。年会費の使途がわからないから払わない所もある」との意見が上がり、連盟は会計報告書の配布を即時決定した。しかしその一方で「支部には既に年会費を支払う能力が無い」「果たして今も活動している支部がどれだけあるのか」との意見も。山田孝由新会長には起死回生の〃一手〃が期待されている。
     ◎
 昨年刊行された道クルツラルの高橋ジョー代表著『居酒屋』(メリョラメントス出版)が、〃料理本のアカデミー賞〃こと「グルマン世界料理本大賞」で、伯国内の「ベスト和食本」「ベスト料理写真本」の2部門にノミネートされた。高橋代表は一昨年も和食本『A Cor do Sabor』(同出版社)を刊行し、同大賞の和食本部門で世界2位に輝いた。今年の最終選考は6月9日、中国烟台市で行われる授賞式で発表予定とか。今年こそ1位の座獲得なるか?!
     ◎
 セレソン前監督のルイス・フェリペ・スコラーリ氏(通称フェリポン)が日本代表監督の後任に急浮上していると「日刊ゲンダイ」が報じた。メキシコ人のハビエル・アギーレ現監督は、大陸王者を決めるアジア杯で無念のベスト8(前回優勝)に終わった。さらにスペイン時代の八百長疑惑もあって周辺が騒がしく、サッカー協会は後任探しに動いているとも。ブラジルW杯で惨敗したフェリポンだが、ジュビロ磐田の黄金時代前に礎を築いたという実績もある。日本サッカー界の救世主は今も昔もブラジル人?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2013年2月26日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月26日 […]
  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2013年10月3日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年10月3日  君津市友好議員団が訪問するリオ・クラーロ市には、市からの使節として小櫃小・中学校の教員らが過去6回訪問し、互いの市旗を交換するなど友好を深めてきた。しかし「80年代後半に、学校長か市の教育局長か定かではないが、先方の教育関係の長が替わってか […]
  • 大耳小耳2018年7月31日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長、東京都港区)発行の会報『ブラジル特報』1645号が7月に刊行された。今回も読みどころ満載だ。【特集・ブラジル政治塾】(舛方周一郎・神田外語大専任講師)は、大統領選で《ルーラが出馬しない前提での決選投票で、アルキミン(PSDB)とシロ・ゴメス […]
  • 大耳小耳2018年6月8日 大耳小耳  トラックストの影響で聖南西のいくつかのイベントが日程変更にした。レジストロで行われる「第18回聖南西カラオケしんぼく」が5月27日から7月1日に、カッポンボニートで行われる「第62回相撲大会」が6月3日から同月24日にそれぞれ日程を変更した。またサンミゲル・アルカンジョの「第 […]