ホーム | コラム | 特別寄稿 | 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(2)=戦後隆盛期に一作品もなし

武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(2)=戦後隆盛期に一作品もなし

 腕だめしとして、時報社の主催する『植民文芸懸賞短編小説』に応じてみた。結果は佳作に入ったが、その時の選会は佳作を三篇選んだので、各作者は当惑したに違いない。杉武夫には腕だめしになったかどうか、だが杉武夫は続けて毎年応募した。第二回は第三席を獲得する。
 第三回は選に漏れたのか、作品は発表されなかった。第四回は『テーラロッシャ』を以って参加し、第二席に入る。この結果が良くも悪くも、少なくとも腕だめしにはなったであろう。1936年に創刊した『地平線』には創刊号に『ぬすみ』を、第三号『第2号創作読後感』、第6号『イデオロギーの問題』、第8号『S・Lしゆう』を掲載。しかし『地平線』は第9号を以って閉刊となる。
 1939年にブラジル政府は日本語教育に対して厳しかったので、事実上、日本語教育は不可となった。教師を職業とする杉さんが失職したであろうことは想像できる。日語新聞社も閉刊したので、日本語を以って業務する人々は皆失業する時代となった。
 これからまだまだ苦境に追い込まれるのだが、杉武夫さんが『植民文学確立』と『植民文学について』の二文を書いたのは、先のような意味に要約されたからだと、私は推測している。
     ◎
 1945年8月に世界大戦は終わった。世界中が自由の到来を予感した。ブラジル政府は日系植民に課していた『××するベカラズ』法を解禁した。日系植民たちは大空に向かって大きな深呼吸をした。深呼吸をしながら「自由というものはこんなにうまいものだったのか」と大空を見上げ、あらゆる階級の人たちは大車輪で活動を始めた。
 禁止令に引っかかり発行禁止を受けていた報道陣は、先を競って復刊・創刊を目指して争った。忽ち四、五社の新聞が刊行した。雑誌は三誌が発足した。新聞・雑誌が出揃うと、購読者を奪い合う競争が当然起こる。競争が激しくなるほど、新聞や雑誌はいろいろな趣向を巡らせた催しものをサービスとして提供することになる。
 雑誌よみもの社は先端を切って発行したので、常に上位を保っていた。この有利な立場を利用し『よみもの賞』という文学賞を開設した。不安を持ちながらの出港であったが、日が経つにしたがって応募作品は日毎に増えてきて百篇を超過したときは視線を上げたい気分になったという。
 結局〆切ったときは百五十一篇に達していた。この数はコロニアの文学界ではレジェンドである。批評陣の感想は数ばかりでなく質においても上回るという評言であった。しかも第二回、第三回と回を重ねるごとに数は上昇線を辿った。まさにコロニア文学界の黄金時代となった。
 ここで、文学界に不思議なことが起きていた。そして、そのことに気付いて注目した人もいなかったということである。私がそのことに気付いたのは、1977~78年のことであった。
 コロニア文学の黄金時代にあっても、その中にかつて華々しく活躍した杉武夫の名はどこにもなかったのである。杉さんは戦後に一篇の作品をも発表していない。
 あれほど文才のある人が、あれほどの情熱を持ちながら、戦後に一篇の作品も発表していないことは不明解である。まさか亡くなられたのであろうかと思っていた。ふと、風の便りというとおり、杉さんはまだ元気で、健在で居られるという話を耳にし、私は心が躍った。
 本人が健在であることを知ると、私の疑問は益々肥大化するばかりである。妙な話であるが、私は杉さんと会ったことはない。何時かは会うだろうか、会ったら是非「戦後二十年あまりになるのに、一篇の文学作品も発表しないのは何故か」と私が胸の中で言い続けた疑問を聞きたいものだと切実に思うようになった。知っても知らなくてもよい問題に、どうして私はのめりこんだのか。(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(4)=「九十の手習い」で随筆2015年2月5日 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(4)=「九十の手習い」で随筆  それから十年くらい後であった。コロニア詩文会は『コロニア随筆選集(全三巻)』の刊行を決めた。新井勝男君と私の二人の編集担当であった。第一巻は既に刊行し第二巻に取り掛かろうとしたときに、ふと杉武夫さんの事を思い出した。 応募して下さるなら、随筆も文芸の一つであるから、普通通 […]
  • アマンバイでの大歓迎の様子2015年5月28日 「ここを先途と」大歓迎=全パ日系老人クラブ親睦の集い=パラグァイ 坂本邦雄  今年は第6回目に当る全パ日系老人クラブ連合会(山脇生年会長)の親睦交流会が予定通り5月17日(日)にアマンバイ県都ペドロ・フアン・カバリェロ市(以下PJC)の日本人会々館に於いて地元の老人クラブむつみ会(山脇氏会長兼任)と同地日本人会(原本功会長)の共催で盛大に行われた。 […]
  • 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(3)=飢餓街道を十年以上彷徨う2015年2月4日 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(3)=飢餓街道を十年以上彷徨う  コロニア文学会で『コロニア小説選集』全3巻刊行を決定した折のことであった。ある日のこと、武本由夫さんから電話で「近いうちに杉武夫さんが君の所に小説2集の分担金と参加承諾の署名を持って行くから」と通知をされた。 このコロニア小説選集の掲載作品の作者から承諾の署名と各作者より […]
  • 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(1)=古野菊生に認められた才能2015年1月31日 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(1)=古野菊生に認められた才能  武井誠さんの死亡を知ったのは、死後2年半ばかり後のことであった。「武井誠」と言っても記憶している人は少ないであろう。しかし、ペンネーム「杉武夫」さんと言えば、かなり多くの人が思い出すに違いない。武井さんが生きている時は、その名を想い出すことは稀であった。死亡されたと聞くと […]
  • 1993年度練習艦隊連絡士官として「かとり」勤務の坂尾2佐を訪れたエミリオ中尉(サントス港にて海上自衛隊広報班撮影、提供=坂尾さん)2015年1月29日 東京ローズの思い出=甘い声に魅了された中尉=坂尾英矩  去る1月21日、NHKテレビの「歴史秘話」シリーズで「東京ローズの悲劇」が放映されました。東京ローズとは太平洋戦線で米軍兵士がラジオ東京の英語アナウンサー、アイバ・イクコ・トグリ(アイバ・戸栗・郁子)につけたあだ名です。 マッカーサー元帥と共に日本入りした連合国記者団たち […]