ホーム | 日系社会ニュース | 聖南西相撲選手権大会=オザスコが団体・個人制覇

聖南西相撲選手権大会=オザスコが団体・個人制覇

入賞選手ら

入賞選手ら

 聖南西文化体育連盟(UCES、山村敏明会長)は8日午前8時半、オザスコ日伯文化体育協会会館常設土俵で「第57回聖南西相撲選手権大会」を開催した。
 開会式には羽藤ジョージサンパウロ州議、野村アウレリオサンパウロ市議、荒木進オザスコ文協会長、チンニャ・デ・ヘレーラ同市体育長官らも出席した。
 カ・ボニート、イタペチンガ、オザスコ、イビウーナの幼年から成年までの男女160選手が参加し、4月12日に開催される全伯大会への出場権をかけ、熾烈な戦いを見せた。個人・団体ともにオザスコが優勝した。
 ブラジル相撲連盟理事の大瀧多喜夫さんは、「市の協力のおかげで大いに盛り上がった」と喜びつつも、選手については「稽古不足が目立った。全伯選手権に出る選手は大会までにしっかり稽古を積んで欲しい」と語った。
 主な結果は次の通り。(男女別各級1位のみ、敬称略)
▼男子【幼年A】グスタボ・シルバ【幼年B】ガブリエル・ロドリゲス【幼年C】ギリェルメ・アルバキケ【少年A】ビクター・フレイタス【少年B】フェルナンド・ボーリ【準青年】ブレノ・ピント【青年】(軽量)ゲニトン・チブルシオ、(中量)ジュリオ・カエサル・ビエイラ
▼女子【幼年A】アリシア・マリエ【幼年B】ジュリアナ・サレティ【幼年C】ダニエラ・イシイ【少年】アニー・ピレス【準青年】ジェシカ・アリーン【青年】ドロテヤ・ダ・コスタ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 有識者に別所哲也氏らジャパン・ハウスで初会合2015年7月28日 有識者に別所哲也氏らジャパン・ハウスで初会合  【共同】外務省は27日、英国のロンドン、ブラジルのサンパウロなど海外3都市で創設する日本文化の広報拠点施設「ジャパン・ハウス」の有識者諮問会議メンバーに俳優の別所哲也氏ら17人を選び、初会合を開いた。2017年前半の開館に向け、施設の在り方について助言していく方針だ。 別 […]
  • サンパウロ州=60歳以上の男女に恩恵=バスと電車料金が無料へ2013年11月30日 サンパウロ州=60歳以上の男女に恩恵=バスと電車料金が無料へ ニッケイ新聞 2013年11月1日  アウキミンサンパウロ州知事は10月30日、メトロ、CPTM、EMTU(サンパウロ都市圏運輸公社)のバスの無料乗車を男女とも60歳から認めることを定めた法案を裁可した。31日付伯字紙が報じた。現時点で公共交通機関の無料乗車が認められる年齢は、 […]
  • コラム オーリャ!2011年6月2日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2011年6月2日付け  帰伯者向け研修会でポ語教師の酒井賛子さんは、子供達が帰伯してポ語を話せず授業にもついていけないのは、家庭内でポ語が話されないためだと話していた。 […]
  • 2013年10月29日 太鼓指導員 蓑輪敏泰さんに聞く=(上)=7年間で26万キロ=文化としての和太鼓伝え ニッケイ新聞 2013年10月29日  JICAシニアボランティアや、ブラジル太鼓協会の依頼により約7年間ブラジルで和太鼓指導にあたった蓑輪敏泰さん(65、宮崎県)が11月1日に任期を終え帰国する。コロニアの若い世代を盛り立て、ブラジル社会を巻きこみ普及してい […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(114)2014年3月11日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(114) ニッケイ新聞 2014年3月11日 「(私、名前、黒澤、ある。よろ~しく、ある)」 黒澤和尚はなんとかカタ~コトのポルトガル語で答えた。 「よし、これで三人、いや、三組出来た。じゃー、出よう」 「(どこへ行けばいいのだ?)」 一番セクシーで大きなマルレニが少し怒った顔で、 「 […]