ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 カンタレイラ水系に関する新聞やテレビの報道時にマスコット扱いされていた、アチバイーニャ貯水場に放置されている廃車が、1995年にサンパウロ市で盗難にあった車であることが判明したと、4日付アゴラ紙が報じている。この車はかつて同貯水場の底に沈んでいたものが水位の低下によって姿を現して注目され、その後、左側の側面には何者かによって「カンタレイラ砂漠へようこそ」という落書きまで施されていた。こうなると、「一体誰が持ち主だったのか」も気になるところだが詳細は不明。そのミステリーに市民の好奇心も高まるか。
     ◎
 セルタネージャ界のベテラン歌手、ジョゼ・リコが3日、入院先のサンパウロ州アメリカーナの病院で心不全のために亡くなった。68歳だった。ジョゼ・リコは1960年代にドゥプロ「ミリオナリオ&ジョゼ・リコ」を結成し、77年に「エストラーダ・ダ・ヴィダ」の大ヒットで全国的に知られる存在となった。セルタネージャが現在のように人気となったのは90年代なのでそれ以前の歌手ではあるが、現在のセルタネージャへの影響は絶大で、スターたちの弔辞が次々に届いている。
     ◎
 ドル高レアル安の傾向が強くなっていることは最近の報道でも度々指摘されていたが、4日のドル価は午後1時頃、2004年8月16日の1ドル=3・0146レアル以来となる、1ドル=3・001レアルを記録した。このところ、ペトロロンや経済上の悪い統計の連続で信頼悪化のジウマ政権だが、上院議長が2日夜、先週発表の暫定令を差し戻したことで追い討ちがかかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • マモーナスが没後20年=絶頂のまま飛行機事故死したバンド2016年3月4日 マモーナスが没後20年=絶頂のまま飛行機事故死したバンド  1996年3月2日、デビュー後1年も経たないうちに大ブームを巻き起こしたロックバンド、マモーナス・アサシーナスのメンバーが、飛行機の墜落事故で命を落とした。今年はそれから20年となる。 マモーナス・アサシーナスは、サンパウロ市郊外で国際空港もあるグアルーリョス市で結成された。 […]
  • 東西南北2015年7月1日 東西南北  6月29日、サンパウロ市パウリスタ大通りで自転車専用道が使用開始となったが、6月30日付アゴラ紙によると、6月29日の午前7時30分~8時と9時30分~10時にアラメダ・ミニストロ・ロシャ・アゼヴェドとフレイ・カネカ通りの間で自転車の交通量を調べたところ、前者の時間帯で4 […]
  • 東西南北2020年4月10日 東西南北  8日の夜のボルソナロ大統領の政見放送は、外出自粛令を止める呼びかけと、世界でもまだ試験段階の薬品の処方を勧めるもの、という物議を醸す内容だったが、世間へのインパクトはそこまで大きくなく、ツイッターでの話題にもあまり上がらなかった。大統領支持派の人は「ボルソナロにノーベル賞」な […]
  • 意外に類似点があるブラジルと韓国の近代史2020年2月21日 意外に類似点があるブラジルと韓国の近代史  「韓国のカルチャーが世界的に熱い」。それはだいぶ以前から言われていたことだが、その印象は9日、アカデミー賞で同国の映画「パラサイト」が、史上初の「英語以外での外国映画で初の作品賞」という快挙を成し遂げて以降、さらに強くなっている。  思い返せばそれだけではない。今や […]
  • (ブラジル音楽界)セルタネージャ業界がボルソナロ大統領を訪問 コンサート半額制の廃止訴え2020年1月31日 (ブラジル音楽界)セルタネージャ業界がボルソナロ大統領を訪問 コンサート半額制の廃止訴え  29日、「ブラジルのカントリー」として、国内一の音楽市場でのシェアを誇るセルタネージャのアーティストたちが、ボルソナロ大統領に会いに大統領府を訪れた。一団は、ブラジルのコンサートでは一般的となっている、入場料半額制をなくすことを訴え、物議をかもしている。  アーティストたち […]