fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 セアラー州フォルタレーザ大都市圏のイタイチンガ市の刑務所で13日、11歳の少女が強姦される事件が起きた。この少女は、同日9―16時の面会時間に、母親と一緒に服役中の父親に会いに来ていた。事件は少女が父親に付き添われて独房を出た瞬間に起きた。別の受刑囚が少女をさらい、犯行に及んだもので、少女不在に気づいた母親の通報で刑務所職員が探し出した時には既に事は終わっており、少女の下着は血で汚れていたという。犯人は判明しており、既に別の刑務所に移された。この刑務所には収容能力の1・5倍の囚人が収監されている。同州保安局は安全性が強化されるまで、同刑務所での面会を禁じた。
     ◎
 17日付アゴラ紙によると、サンパウロ市地下鉄4号線にオスカー・フレイレ駅が出来たことによって、駅前にあるレボウサスのバス停の利用者が激減しているという。資料によると、レボウサスと南西部カンポ・リンポをつなぐバスも、昨年8月の時点では1日平均約41万人が利用していたのに、今年8月には約37万8千人と、約1割ほど減っているという。このところ、市内各地で新しい地下鉄やCPTMの駅が開業しているが、それに伴うバスの改編も必要ありそうだ。
     ◎
 17日、サウジアラビアで行われたサッカー代表の親善試合で、セレソンは宿敵アルゼンチンに1―0で勝利した。両チームとも決め手がなく、「引き分けか」と思われた後半ロスイタイムに、35歳のベテラン・ディフェンダー、ミランダが得点を決め、逃げ切った。次の親善試合は11月。選挙も終わってゆっくり楽しみたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月16日 東西南北  民主社会党(PSDB)の重鎮、カルドーゾ元大統領は、14日付のフォーリャ紙の取材で、ジャイール・ボルソナロ氏に関して、「私の嫌いな要素が全部詰まっているような男だ」として、大統領選決選投票での支持を全面否定した。カルドーゾ氏は軍政時代に国外逃亡を経験するなど、「民主政治のため […]
  • 東西南北2018年9月21日 東西南北  連日、様々な調査機関が選挙の世論調査を行っているが、ここでは、最新のダッタフォーリャのサンパウロ州知事選の情報を。18~19日に行われた調査では、前サンパウロ市市長のジョアン・ドリア氏(民主社会党・PSDB)が盛り返し、26%の支持を得、22%のパウロ・スカッフィ氏(民主運動 […]
  • 東西南北2018年4月20日 東西南北  労働者党(PT)党首のグレイシ・ホフマン上議がカタールの放送局アル・ジャジーラのインタビューに答え、ルーラ氏の逮捕の不当性を訴えたことが、本筋とは違うところで波紋を投げかけている。進歩党(PP)のアナ・アメリア上議は「国の治安を乱す」と抗議し、極右大統領候補のジャイール・ボル […]
  • 東西南北2018年1月25日 東西南北  24日は、ある種の異様な興奮に包まれていた。現地紙はいずれの新聞も一昨日のルーラ氏の抗議集会と同じ写真を表紙に使用し、国民の多くが朝からテレビとネットに釘付けになり、ルーラ氏の第4連邦地域裁での裁判を、固唾を飲んで見守っていた。近年で似た状況になった日と言えば、16年4月17 […]
  • 東西南北2017年12月8日 東西南北  本日付本頁でも報じているように、フェルナンド・ピメンテル・ミナス・ジェライス州知事が告発され、被告となった。同知事は、労働者党(PT)の政治家の中でもかなり長い間、疑惑の人物となっていたひとりで、14年10月の同州知事選直後から既に疑惑の対象にあがっていた。その後も、現地紙で […]