ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 セアラー州フォルタレーザ大都市圏のイタイチンガ市の刑務所で13日、11歳の少女が強姦される事件が起きた。この少女は、同日9―16時の面会時間に、母親と一緒に服役中の父親に会いに来ていた。事件は少女が父親に付き添われて独房を出た瞬間に起きた。別の受刑囚が少女をさらい、犯行に及んだもので、少女不在に気づいた母親の通報で刑務所職員が探し出した時には既に事は終わっており、少女の下着は血で汚れていたという。犯人は判明しており、既に別の刑務所に移された。この刑務所には収容能力の1・5倍の囚人が収監されている。同州保安局は安全性が強化されるまで、同刑務所での面会を禁じた。
     ◎
 17日付アゴラ紙によると、サンパウロ市地下鉄4号線にオスカー・フレイレ駅が出来たことによって、駅前にあるレボウサスのバス停の利用者が激減しているという。資料によると、レボウサスと南西部カンポ・リンポをつなぐバスも、昨年8月の時点では1日平均約41万人が利用していたのに、今年8月には約37万8千人と、約1割ほど減っているという。このところ、市内各地で新しい地下鉄やCPTMの駅が開業しているが、それに伴うバスの改編も必要ありそうだ。
     ◎
 17日、サウジアラビアで行われたサッカー代表の親善試合で、セレソンは宿敵アルゼンチンに1―0で勝利した。両チームとも決め手がなく、「引き分けか」と思われた後半ロスイタイムに、35歳のベテラン・ディフェンダー、ミランダが得点を決め、逃げ切った。次の親善試合は11月。選挙も終わってゆっくり楽しみたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年11月17日 東西南北  本日付で報じたサンパウロ市西部ジャグアレー地区の高架橋落下騒ぎは市民に恐怖心と危機感を感じさせたが、16日付アゴラ紙によると、市内には同様の危険性を持ち、改修の必要のある橋が185カ所中、33カ所あるという。さらに、カサビ市政の2007年に、「注意すべき橋」として指定されたも […]
  • 東西南北2018年11月14日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が約束されているオニキス・ロレンゾーニ下議が12日、「ノルウェーはブラジルに学ぶべきだ」と発言した。取材陣から、一度は廃止になりかかっていた環境省のことや、ブラジルが環境問題で欧州の環境団体から多額の罰金を課されそうなことを尋ねられ、「我々には我々 […]
  • 東西南北2018年11月15日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が確定しているオニキス・ロレンゾーニ氏に、再び収賄疑惑が浮上した。同氏は昨年、食肉大手JBSから下院選挙時に10万レアルの不正献金を得ていたことを追及され、自身も認めていたが、今度は12年の賄賂支払分配表に同氏の名前があり、10万レアルが支払われた […]
  • 東西南北2018年11月10日 東西南北  現在、次期政権の組閣に忙しいジャイール・ボウソナロ次期大統領。そんなボウソナロ氏の自宅に8日、思わぬ客が訪れた。その人はロベルト・レイ。「ドトール・レイ」の異名を取る美容整形外科医で、これまでも数多くのテレビに出演し、自身の番組まで持っていたほどの有名人だ。その「レイ先生」の […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]