ホーム | 日系社会ニュース | わさび入りビールはいかが=日本食材で〃味の革命〃メーカー『JAPAS』誕生=日系女性5人が手を繋ぎ
JAPAS CERVEJARIAのメンバー(中央が木村さん)
JAPAS CERVEJARIAのメンバー(中央が木村さん)

わさび入りビールはいかが=日本食材で〃味の革命〃メーカー『JAPAS』誕生=日系女性5人が手を繋ぎ

 5人の日系女性がビールメーカー『JAPAS CERVEJARIA』を立ち上げ、日本食材を使ったビールで〃味の革命〃を起こそうと意気込んでいる。先月19日はわさび入りの初商品「わさビール」(Wasabiru)をサンパウロ市ピニェイロス区のビールメーカー&バー「Cervejaria Nacional」で生産販売(1グラス18レアル)した所、初回の生産量650リットルが瞬く間に売り切れる反響だったとか。メンバーの一人、木村マイラさん(34、三世)は本紙のメール取材に対し、「ブラジル人が大好きなビールを通して日本文化を普及したい。日本からは随分遠いけれど、私たちの先祖の文化を顕彰したい」と話した。

グループのロゴマーク

グループのロゴマーク

 〃革命〃の第一弾は、米国西海岸発祥の「アメリカン・ペールエール」をベースに、わさびでさわやかな風味を付けた「わさビール」(アルコール度数5・5%)だ。濃い黄金色で、レモンとユーカリの香りが特徴。日本生まれのホップ「ソラチエース」がすっきりした苦味を演出している。
 木村さんは、「初めて飲んだ人は、わさびの軽い辛さを感じて驚くけど、ベースが軽いペールエールなので爽やかに感じてもらえる。わさびの味を残しつつ、刺激を抑えるのが挑戦だった」と振り返る。
 メンバーは木村、上野フェルナンダ、大久保カロリーナ、カロリーナ・オダ、島田ユミさんの5人。それぞれ2カベッサス社やインヴィクタ社など別のビールメーカーで元々働いていた。業界関連のイベントで偶然知り合い、冗談半分で「Japas Cervejeiras」とグループ名をつけて付き合う内、一緒に働きたいとの想いが芽生えた。
 「わさビール」はそんな〃遊び〃の中から生まれた試作品。「あんまり美味しかったので商品化することにした」とビジネスに発展した。
 「レンコンや麦茶など、様々な日本食材を試した。わさびはブラジル人によく知られた食材だし、日本食の熱心なファンも多いから、好奇心をくすぐるだろうと思った」と明かす。
 すでに〃革命〃第2弾の構想も進んでいる。「次は梅入りブラック・セゾンを作りたい。酒用の酵母を使うという企画もあるけど、このあたりでは手に入れるのが難しくて」と試行錯誤の日々だ。


【大耳小耳コラム】

 日系女性5人が立ち上げたビールメーカー「JAPAS」は、うら若き女性ばかりとあって一見アイドル風。男性の多いビール業界にあっては、その点も関心を引いているようだ。今はバー「Cervejaria Nacional」でしか賞味できないが、ゆくゆくはスーパーにも流通してほしいもの。「日本進出は?」との質問には、「まずはブラジルでの生産を安定させないといけないけど、日本でも販売できたら最高。私たちの夢ね」と木村マイラさん。日本企業とコラボしての新商品開発など、日本でも話題になりそう。でも日本で売り出すなら逆にブラジル風、たとえばガラナビール(?)とか。

image_print

こちらの記事もどうぞ