ホーム | 日系社会ニュース | 松柏大志万=25人の訪日団無事帰国=それぞれの思い出を胸に
鳥取県の林昭男副知事と記念撮影
鳥取県の林昭男副知事と記念撮影

松柏大志万=25人の訪日団無事帰国=それぞれの思い出を胸に

 松柏・大志万学院(川村真由実校長)の「第20回訪日使節団」(生徒25人、引率2人)が約60日間の訪日研修を終え、2月初旬に帰国した。
 通常の参加人数は15人前後だが、今回は同学院の生徒数増にあわせて25人に増員して実施された。
 今月6日に来社した教員の川村千恵さんは、「毎日生徒にプロポリスを飲ませてがんばった。皆元気で病気もせず、無事に帰国できた」と満足気に報告し、「皆、昔の私のように初めて見る日本に驚いていた。北海道ではスキーもできて、本当に良かった」と振り返った。
 団長の折井ペドロ・アントナシオ君は「一番楽しかったのはスキー。小櫃市長や広島県知事らに迎えられたことも印象に残った。団長として挨拶するのは緊張したけど、うまくできたと思う」と話した。
 総務の山田渋谷レナン君は「ホームステイでは、どの家の人もすごく優しくして下さった。君津市の職員の方が『仕事は好き嫌いじゃない。自分がちゃんとするのは、皆のためだ』と言ったのが、ブラジルにはない考え方だったのですごく心に残った」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ